小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ゲームセンター回顧録 小樽・札幌ゲーセン物語展へ行ってきました その1

f:id:annaka-haruna:20210331222743j:plain

過日、北海道小樽市小樽文学館にて実施された「小樽・札幌ゲーセン物語展」へ行って来ました。

 

これまで地元埼玉県以外に愛知県や長野県のゲームセンターについて回顧録を残していますが、北海道は旅行や仕事で向かった際にゲームセンターへ立ち寄ったことがあった程度で、特にこれまでの人生で深い縁があった場所という訳ではありません。

 

その私が今回こちらへ伺うことになったきっかけは2020年の9月に遡ります。

コロナ禍が若干落ち着いた2020年夏にGo Toトラベルキャンペーンが開始されましたが、その際に落ち込んだ北海道観光振興の一環として「HOKKAIDO LOVE!」プロジェクトが実施され、キャンペーンの一環としてJR北海道から管内全線が6日間、特急も含めて乗り放題の「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」が破格の¥12,000にて販売されます。

f:id:annaka-haruna:20210401224657j:plain

f:id:annaka-haruna:20210401224712j:plain

この機会を逃すまいと思った私は、9月の4連休でこの切符を使って北海道のハイスコア集計店跡地巡りを決行します。

 

予め当時のベーシックマガジンやゲーメストで店舗の住所を調査の上渡道したのですが、住所の記載が不完全で確実な場所を捕捉出来ない店舗もいくつか存在。情報を探していた所以下のサイトに辿り着くことになります。

 

seesaawiki.jp

こちらのサイトに店舗住所や営業当時の様子、店舗跡の状況といった地元の方だからこそ書き込める情報が集約されており非常に重宝したのですが、小樽・札幌ゲーセン物語展の主催者である@hilow_zero氏が展示の一環として作成したものであることを知るに至ります。

 

そして渡道期間中に小樽市や札幌市内の全ての集計店跡地を廻りきることが出来なかったこともあり、来年の1月実施であればその頃にはコロナ禍もある程度落ち着くだろうから、残りの跡地探訪を含めてゲーセン物語展にお邪魔しよう、と心に決めていたのでした。

 

 

f:id:annaka-haruna:20210327125301j:plain

JR小樽駅

通ったのみであれば前回来訪したのは2017年7月ですが、駅を降りて散策となると恐らく1987年以来となるため、34年振りということになります。

 

会場の文学館に向かう前に、もう一つの目的である小樽市内のハイスコア集計店跡地を廻ります。

f:id:annaka-haruna:20210327130252j:plain

ゲームポイントフリーウェイ小樽店跡

f:id:annaka-haruna:20210327133739j:plain

ゲームプラザ月光仮面

 

f:id:annaka-haruna:20210327134444j:plain

プレイシティキャロット小樽店跡

 

1987年に訪れた時には、小樽運河を散策の後にプレイシティキャロット小樽店に立ち寄っているのですが、跡地は既に建て替えられておりそこにゲームセンターがあったことを窺い知ることすら出来なくなっていました。

 

そして今回の会場である小樽文学館へ。

f:id:annaka-haruna:20210327161653j:plain

f:id:annaka-haruna:20210327161906j:plain

建物の目の前に線路と踏切がありますが、これは1985年に廃止された旧国鉄手宮線の廃線跡で、北海道で最初に開通した鉄道の一部区間ということで史跡としてそのまま残されています。旧色内駅のホーム跡が文学館に隣接しており、セットで散策を楽しむことが出来ます。

hokkaido-labo.com

 

今回の展示は2階で実施されていました。無料展示のため1階入口で展示を見に来た旨を伝えればそのまま入場出来ますが、文学館の通常展示も見ることが出来る300円の入場券を購入して2階へ。

そして文学館展示室のドアを開けると、その一角に明らかに周囲と異なっている、しかし建物の雰囲気と相まってどこか懐かしい空間が展開されていました。

f:id:annaka-haruna:20210327152902j:plain

その2へ続きます。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1985年3月号

マイコンベーシックマガジン1985年3月号(第4巻第3号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

店舗数は112まで戻りました。新規掲載店は3店あります。

 

ナムコ

ビッグキャロットTOC店(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210318125930j:plain

・その他

ブックセンタースクラム宮城県

f:id:annaka-haruna:20210318125931j:plain

サンレジャー荒川沖店(茨城県

f:id:annaka-haruna:20210318125932j:plain

 (画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1985年3月号より)

 

TOCとは、五反田駅から徒歩10分弱の場所にある「東京卸売センター」の略。

卸売業者が集まっているビルの1階及び地下1階に店舗や飲食街があり地下1階にナムコがテナントとして存在していました。電波新聞社からは最も近いナムコの店舗だったと思われますが、ハイスコア集計店として当初からエントリーされなかったのは、「卸売業者の集まっているビル内」という店舗の特殊性があったからなのかもしれません。

 

宮城県の「ブックセンタースクラム」の住所である泉市は、現在仙台市に吸収され仙台市泉区となっています。名称からは書店併設のゲームコーナーが連想されますが、店舗名称で検索すると現在のイオングループ障碍者支援事業に行き着きます。

 

また「サンレジャー荒川沖店」は、常磐線荒川沖駅前に存在した長崎屋店内のゲームコーナーだったと思われます。店舗とは無関係ですが長崎屋荒川沖店と言えば2008年の連続通り魔事件が目の前で起きた場所でもあり、事件当時報道機関の映像で長崎屋の建屋が映されていたことが思い返されます。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210318221837j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221848j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221857j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221911j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221921j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221937j:plain

f:id:annaka-haruna:20210318221948j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1985年3月号より)

 

今月で開催終了となったのは北海道は旭川市の「アドベンチャー」。

1985年1,2月号と店舗欄が無く、今月で再掲載されましたが以後掲載はされませんでした。

f:id:annaka-haruna:20200919175230j:plain

2020年9月19日撮影

写真は「アドベンチャー」が存在したと思われる「旭川市1条7丁目の場所です。

旭川市の駅前目抜き通りである「平和通買物公園」沿いに存在したとのネット情報を元に位置をプロットしていますが、住所が誌面にフルで記入されておらずまた該当区画は写真のように建て替えられておりそれらしき形跡は皆無です。

些細な情報でもお持ちの方はコメントを頂けると幸いです。

 

また、「キャロット・スタンプハイクIN TOKYO」の告知がされています。

都内及び神奈川県の該当店舗を廻ってスタンプを集めると、参加賞や抽選でグッズが当たるというもの。スタンプやシート等のツールが用意されたと思われますが、こういったイベントが当時既に実施出来たのがナムコロケの強味であったと思います。

また対象店舗が19店と記載がありますが、掲載店でそれらしき店舗をカウントしても16店しかありません。誌面に掲載されていない店舗が3店はあったということでしょう。

 

そしてトピック店舗ですが、前回に続いて静岡シリーズ。

「プレイシティキャロット両替町店」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20210320110919p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年9月号より) f:id:annaka-haruna:20210320111323p:plain

f:id:annaka-haruna:20210220110146j:plain

f:id:annaka-haruna:20210220110106j:plain

f:id:annaka-haruna:20210220105958j:plain

2021年2月20日撮影

 

前回の「プレイシティキャロット静岡店」が面する呉服橋通りの隣、両替町通りに面しており両店間の距離は500m程度。徒歩でも10分は掛かりません。

呉服橋通りは商店街で昼間から人通りの多いメインストリートですが、両替町通りは飲み屋街となっておりむしろ夜間に人通りの増える繁華街。ターゲットの客層も異なっていたのでしょうが、近隣のナムコ系店舗でどちらもハイスコア集計を行っていたこともあり、セットとして認識されていたように思います。実際に追ってベーシックマガジン誌上では2店合同集計となった時期もあります。

 

場所は写真のビルの1階、現在居酒屋になっている場所が該当します。一度訪問したことがあり白い建屋だった記憶が残っていたのですが、1階部分はエントランスも含めて改装されており最初はこのビルだと認識できませんでした。2階の飲み屋の住所が一致したため場所を特定出来ています。店内は1フロアのみでしたのでそこまで広くは無かった覚えがあります。

 

ハイスコア集計は確認した時点では1994年2月号まで掲載がされていますが、店舗はその後も営業は続いていました。

ナムコPR誌「NOURS」のバックナンバーに店内写真が掲載されています。

f:id:annaka-haruna:20210320115358j:plain

(NOURSバックナンバー No.30 2000年9月号「全国ナムコ店舗ガイド 静岡編」より)

また、以前に店舗の建物2階で火災があり報道されたのですが、その映像で店舗がばっちりと映ったことがあり、たまたまそのニュース映像を見ていたため個人的にはより印象に残っている店舗となっています。(FKS様貴重な情報をありがとうございました)

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1985年2月号

マイコンベーシックマガジン1985年2月号(第4巻第2号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

総店舗数は107と1店減少。新規掲載も1店に留まります。

 

ナムコ

花小金井キャロットハウス(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210311064956j:plain

マイコンベーシックマガジン 1985年1月号より)

花小金井西武新宿線高田馬場駅から急行で30分弱、東京都郊外多摩地区の小平市に位置しています。

花小金井駅がある西武新宿線及び池袋線、そしてJR中央線の沿線エリア(新宿区、豊島区、練馬区、中野区、杉並区と多摩地区周辺自治体)は、黎明期から現在に至るまでハイスコア集計店に縁があるエリアで、ベーマガ初回掲載26店に都心部ナムコ系店舗として新宿及び高田馬場、そして西荻窪が登場しますが、追って東久留米(西武池袋線)、今回の花小金井、そして椎名町西武池袋線)とナムコ系店舗の掲載が続きます。

 

面白いのは、新宿や高田馬場のような山手線沿線以外ではどの店舗も微妙に主要駅を外していること。

西荻窪は吉祥寺と荻窪の間ですし、花小金井は田無と小平の間です。東久留米は市の中心駅とは言え隣接する保谷清瀬の方が乗降客数は多く、椎名町は池袋の次の駅です。

学校が近くにある、という訳でもなさそうで、どのような基準でナムコが出店場所を選定していたのかは興味がある所です。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210311155720j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155733j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155746j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155755j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155805j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155815j:plain

f:id:annaka-haruna:20210311155826j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン 1985年1月号より)

コーナー末尾に「ナムコグッズ販売のお知らせ」の告知があります。

追って全国のナムコ直営店舗で販売され、私も名古屋の星ヶ丘キャロットハウスで手にすることになるナムコグッズの数々ですが、この時期から展開され始めたようです。最初は6店のみの扱いでしたが、ナムコゲーム全盛期における人気とベーマガ誌上における「キャロット」という店舗名の認知向上も相まって全国に販売店が波及することになります。メーカーもゲームファン向けのビジネスに積極的だった時期と言えます。

 

また、休載表記になっている品川区の「ゲームプラザ荏原店」は今号が最後の掲載となりました。1984年8月号からのスタートなので半年程度の掲載期間となります。

こちらの「ゲームプラザ荏原店」の最寄り駅は東急大井町線荏原町駅。追ってハイスコア集計店として全国区の知名度となる「荏原ゲームコーナー」は隣の旗の台駅となっています。一方住所としての「品川区荏原」には「ゲームコーナーニューオリンピア」が存在していますがこちらは武蔵小山駅付近となり、店舗名と位置関係が非常にややこしくなっています。

  

そしてトピック店舗ですが、引き続きオリジナル26店より静岡県静岡市の「プレイシティキャロット静岡店」を取り上げることにします。

 f:id:annaka-haruna:20210315230055p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年1月号より) 

f:id:annaka-haruna:20210315230018p:plain

f:id:annaka-haruna:20210220110925j:plain

f:id:annaka-haruna:20210220111159j:plain

f:id:annaka-haruna:20210220111039j:plain

2021年2月20日撮影

 

JR静岡駅から、静岡市中心街へ通じている呉服橋通りの途中に店舗はありました。

私が以前愛知県に住んでいた時には埼玉へ帰る際に青春18きっぷを多用していたのですが、駅から近かったこともあり途中下車して何回か立ち寄っています。

 

住所では写真中央の3階が雀荘になっている建屋が該当します。1,2階フロアがキャロットとして営業されていました。

写真からも分かりますが店舗正面の間口が狭く、その分奥行きが長い店舗でグッズ販売も行っていたカウンターが2階にあったように記憶しています。

現在のビルには3つの店舗入口が存在していますが、キャロット時代は雀荘とキャロットの2つの入口しか無く、キャロット閉店後に2階が別の店舗となり入口が新たに設けられたようです。

f:id:annaka-haruna:20210220111651j:plain

2021年2月20日撮影

また店舗正面の通りには地下道も設けられているのですが、地下道から直接キャロットの1階フロアに上がることの出来る階段が設けられていたのが特徴的でした。

100円ショップの更に奥にある居酒屋「徳川さん」の場所が該当しますが、現在は看板で封鎖されておりそこに階段があった形跡を窺い知ることは出来なくなっています。

f:id:annaka-haruna:20210318185015j:plain

階段の該当箇所。こちらの写真はSPREAM-FKS氏からくぼやん氏を通じてご提供頂きました。お二方にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

ゲームセンター回顧録 セガロケーション撤退に思う その4

今度は「受ける」GENDA側の考察です。

 

市井の方よりも多少は業界に対するアンテナが高いと思われる私でも、今回の株式譲渡まで「GENDA」という社名は聞いたことがありませんでした。創業は2018年とのことで、まだ2年程度では聞き覚えがないのも無理のないことです。これまで業務用ゲーム機のレンタルやオンラインクレーンゲーム事業、米国への子供向け遊戯施設展開といった事業を手掛けていたようですが、今回の買収で一気に企業規模を大きくすることとなりました。

 

経営陣は、イオンファンタジー企業価値を大きく向上させた実績のある創業者兼会長の片岡氏と、金融業界で辣腕を発揮してきた共同創業者兼社長の申氏の二人が両輪となっているようです。

f:id:annaka-haruna:20210208223613j:plain

(月間アミューズメントジャーナル2020年11月号表紙)

社長の申氏は業界紙である「月間アミューズメントジャーナル」の表紙を飾りました。通常はゲーム機の写真が表紙を飾ることが多い業界紙において、アミューズメント業界関係者とは思えないその容姿が異彩を放っていました。

 

気になるのは、バックが投資ファンドであるということ。ファンドの出資先として設立された経緯が窺えます。セガエンタテイメントの買収に動いたのは、ファンドとして勝算があってのことなのでしょう。

そのシナリオは、イオンファンタジー時価総額を約5倍に引き上げた現会長の手腕をこちらでも発揮してもらい、ひいては企業価値の向上→株式上場と見て間違いないと思います。そのため今後時間の経過と共に、これまでのセガの運営とは異なる形で様々な施策が打ち出されてくると予想されます。

 

当然それはプラスな面もあります。

例えばセガのロケーションにおいては永らくコナミ製品がほぼ導入されてきませんでしたが、表向きにセガは経営から手を引いていることから今後GENDASEGA店舗にコナミ製品が積極的に導入される可能性は充分あり得ます。コナミが製品を販売をしてくれるのかどうかは別の話ですが…

 

しかし以下のようなデメリットを私は危惧しています。

 

まずは先に述べている「バックが投資ファンド」であるということ。

ファンドが描くシナリオ通りに企業価値が向上すれば良いのですが、ビジネスモデルとして目新しいものはなく、しかも全体が斜陽であるゲームセンター業界において、ファンドの目論見通りに物事が進まない可能性は充分に考えられます。

その際「ファンドが資金を引き揚げて事業を再度別の業者へ売却する」という事態が起こり得る訳で、価値の低下した事業の買い手が付かなければ清算、という最悪のシナリオが全く無いとは言い切れません。

 

そしてもう一つが「セガブランドを失うことによる影響」です。

これまでは「1部上場企業」としてのセガもしくは直接の子会社という看板があったため、その信用や資金力、運営能力を踏まえて店舗の出店が可能でした。

特に最近はゲームセンター単独出店ではなかなか収益性が上がらないため、集客力が高いショッピングセンターインストアに飲食提供等も含めた複合型の店舗を展開する例が増加しており、その出店に当たっては予めゲームセンター運営会社がプロポーザルを行い出店企業が選定される場合が多いようです。

www.sega-entertainment.jp

bandainamco-am.co.jp

ナムコは元々ショッピングセンター内店舗運営が強く、現在の施設一覧を見てもインストア型店舗が多数を占めている反面、都市型やロードサイド店舗主体だったセガはショッピングセンターへの出店は後発で、近年はインストア型店舗を徐々に増やしてはいるもののその割合はナムコに比べると明らかに低くなっています。

店舗数を絞っている最中で無闇矢鱈と出店出来ないこと、またナムコ等インストア主体で運営している業者と比較して運営ノウハウや新規出店案件に乏しいという事情はあると思われますが、それでもプロポーザルを行う際にセガのブランドが与える影響は決して小さくはないと思います。

 

ここからセガのブランドが外れるとどうなるのか。

企業名にセガの文字を残しているとは言え、資本的にほぼ無関係になったことが周知されており、上場企業の後ろ盾による信用力、コンテンツメーカーが持つ商品力や企画力を失った企業がこれまでと同様に新規出店を継続できるのかは疑問が残ります。

そこで現会長の手腕に期待が掛かる訳ですが、イオングループ関係会社としてグループのショッピングセンターに国内外を含めて優先的に出店可能なイオンファンタジーと、企業名にセガの名称が含まれるものの実質はファンドがバックのベンチャー企業では明らかに土俵が異なるため、恐らく一筋縄では行かないのではないでしょうか。

  

jamma.or.jp

f:id:annaka-haruna:20210211190835j:plain

(社団法人 日本アミューズメントマシン工業協会 設立20周年記念誌 1990年台-3より)

かつてアーケードゲーム業界は、「不況知らず」と呼ばれ、実際に不況期においても市場を拡大してきました。それは定期的にヒット商品を市場に送り込んできた開発者、そしてコツコツと日銭を稼ぐゲームセンター運営関係者の不断の努力の賜物だと思います。

しかしアーケードゲームが持っていた商品的アドバンテージは徐々に失われ、またゲームセンターの稼得能力もコロナ禍で大きく減衰しているタイミングでの「セガのロケーション撤退」は、いよいよ業界が完全に縮小期へ突入するトリガーとなってしまうのでしょうか。

GENDA会長の片岡氏はtwitterで上記の発言をされています。先行きは決して安泰ではないと思いますが、元OBとして今後店舗、会社、そして業界を如何に活性化させていくのか興味深く見守りたいと思っています。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1985年1月号

マイコンベーシックマガジン1985年1月号(第4巻第1号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

これまで「スーパーソフトマガジン」という別冊内にて展開されていたチャレンジハイスコアのコーナーですが、1985年からベーシックマガジン本誌へ吸収されて掲載されるようになりました。

吸収された理由が、当時の書店で「別冊だけ引き抜かれる」行為が多発したためと確か「ALL ABOUT ベーマガ」のイベント内にて語られていたと思います。さもありなん。

 

掲載店総数は108と4店減少しました。新規掲載店は2店あります。

 

・その他

ゲームプラザぱっくんらんど(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210307081452j:plain

ゲームプラザとよなか(大阪府

f:id:annaka-haruna:20210307081454j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1985年1月号より)

 

1984年のリリースされたナムコの「パックランド」を彷彿させる東京都北区の「ゲームプラザぱっくんらんど」ですが、ゲームと店舗のどちらが先に登場していたのが少々気になるところ。

また豊中市の新規掲載店も店舗名は「ゲームプラザ」の名称で偶然一致しています。しかしこちらの「ゲームプラザとよなか」は今号限りの掲載に留まっています。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210307181221j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181232j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181244j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181302j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181336j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181348j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307181401j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1985年1月号より)

2ページ目枠外に「ネットワークインタイトー」及び「プレイシティキャロット八戸店」休載の案内があるのですが、両店共にスコアはきちんと掲載されています。店舗名の誤植が疑われます。ちなみに先月掲載されたものの今月休載となっている店舗は旭川市の「アドベンチャー」及び八戸市の「レーサーランド」ですが、次号以降に特に訂正の旨はありませんでした。

 

また、前号及び前々号と店舗欄が存在しなかった「高崎キャロットハウス」。

今月休載表記とは言え店舗欄が復活しますが、結局掲載はこの号が最後となりました。ナムコ系ロケーションとしては3件目、オリジナル26店では初の掲載ストップとなっています。

 

トピックは前回の新宿に引き続き、東京都区内のベーマガ初回掲載26店の中から、「ビッグキャロット新橋店」を取り上げます。

f:id:annaka-haruna:20210311133336p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20210314125140p:plain

f:id:annaka-haruna:20210313123844j:plain

f:id:annaka-haruna:20210313124032j:plain

f:id:annaka-haruna:20210313124244j:plain

f:id:annaka-haruna:20210313123919j:plain

2021年3月13日撮影

新橋という場所でイメージされるのは、駅前のSL広場前でテレビのインタビューを受けるサラリーマンの姿ですが、そのSL広場に面した通りを挟んで真向かいにナムコのキャロットがあった、といってもキャロットの持っている店舗の雰囲気や客層が新橋という場所とあまりマッチしないのが80年台ゲーマーの感想なのではないでしょうか。

 

現在のビルの名称は異なっていますが、住所では写真のプロントの位置が該当します。

中2階及び地下1階がキャロットのフロアだったようです。

プロント店内を窺うと、自動ドアから連続して店内が数段高くなっており、また地下への階段も確認出来るため、プロントの場所そのままで間違いないようです。

「ゲームマシン」誌の1985年10月15日号に、当時の店内写真の掲載がありました。

f:id:annaka-haruna:20210307094244j:plain

(ビッグキャロット新橋店 地下1階の当時の様子)

f:id:annaka-haruna:20210307094245j:plain

(こちらは中2階の様子 いずれもゲームマシンアーカイブ 1985年10月15日号より)

 

当時の写真でも店内のサラリーマン風な客層の姿が目立ちます。

誌面上では当時の店長のインタビューも掲載されており、当初からコンセプトはサラリーマンがメインのアダルト志向で、以前はメダルゲームも設置されていたが今後再設置も検討する主旨の回答がなされています。ハイスコア集計店として掲載はされていたものの、立地的な特性からあまり当時のゲームファン層に対して積極的に訴求する店舗ではなかったと思われます。

そのため、ハイスコア掲載は1986年3月号までの2年程度でストップしました。1988年の東京CARROT MAPには店舗が掲載されているため、営業は集計中止後も継続していたようです。

 

f:id:annaka-haruna:20210313124850j:plain

f:id:annaka-haruna:20210313125054j:plain

2021年3月13日撮影

そして新橋のゲームセンターと言えば忘れてはならないのが「ニュー新橋ビル」の存在。以前紹介した大阪駅前第〇ビルと同様の等価交換による再開発ビルで、こちらもビル内に多数のゲームセンターが存在していたことで有名でした。

ゲームマシン誌上の新橋特集記事では、全盛期に近い頃のビル内ゲームセンター密集具合を窺うことが出来ます。

f:id:annaka-haruna:20210307094246j:plain

f:id:annaka-haruna:20210307094247j:plain

(いずれもゲームマシンアーカイブ 1985年10月15日号より)

キャロットと高架下の1店以外は全てビル内に集中しています。

f:id:annaka-haruna:20210313125238j:plain

2021年3月13日撮影

しかし2021年現在残っている店舗は2店のみ。しかも建て替え計画があるためビル自体の余命も迫っています。ゲームセンターの閉店も続出しているため目に焼き付けておきたい方は早めの訪問をお薦めします。

ゲームセンター回顧録 セガロケーション撤退に思う その3

f:id:annaka-haruna:20200903151252j:plain

セガ秋葉原1号館 2020年10月25日撮影)

セガがロケーションビジネスから撤退することで、どのような影響が考えられるのか。

 

まずは「手放した」セガ側から考察してみます。

 

ロケーションビジネス撤退でセガが失うこととなる売上高はおおよそ年間400億であることを確認しています。セガの売上全体に占める比率は以前より大きく低下しており、ダメージは限定的と見る節もありますが、この400億が他の売上と大きく異なるのは、「その殆どが日銭としてキャッシュでダイレクトに入ってくる」ことにあります。

 

キャッシュは運転資金として即運用できることは勿論ですが、ゲーム制作において開発段階は初期コストを要します。コスト回収はゲームの発売後となるため、開発期間中の資金は何らかの形で調達しなければなりません。

最もポピュラーな資金調達と言えば「銀行からの融資」となりますが、銀行も当然ながら回収が厳しい会社へそう易々とは貸してはくれません。しかし現金収入が期待できるゲームセンターを多数運営していれは融資への敷居は確実に下がることが想定されます。

 

特に大手ゲームメーカーと分類されるセガタイトーそしてナムコがゲーム業界で生き残ってこれたのは、他メーカーと比較して多数のゲームセンターを運営していることで運転資金が確保され、また融資が受けやすくなるというメリットを享受出来たからではないかと考えます。

アーケードゲームメーカーは、大抵自社ロケーションを平行展開した経緯がありますが、大手3社ほど広域的に多数の店舗が展開できなかった中小メーカーは倒産や業務用からの撤退を余儀なくされました。一方カプコンも現在は業務用ゲームタイトルのリリースは少数となっており、一時業務用ゲーム機製造からの撤退が噂されましたがロケーションビジネスについては依然としてショッピングセンター店舗を中心として展開しており、店舗運営ビジネスを継続することにメリットがある裏付けとなっています。

そのメリットこそが「セガはロケーションを手放すことはない」と思う根拠となっていました。

 

しかし今回セガサミーホールディングスはロケーションビジネスを手放しました。

里美社長は以下記事内で「もともと軒先に機械を置いておカネを稼ぐということを創業の頃にやっていたという意味で、(歴史的な意味を持つ)基幹事業」との認識を持ちつつも、「もしこのままわれわれが持っていたとしても、大幅な店舗削減をしなければいけない」と店舗運営ビジネスは悲観的であることを語っています。
toyokeizai.net

確かに店舗の稼得能力が低下している現在、店舗施設やゲーム機といった資産を過剰に抱えておくことは固定費の増加に繋がるため経営的にプラスに作用しません。

 

資金においても上場企業である以上調達手段は存在するため、もはやゲームセンターからのキャッシュに頼る必要は全くないのかもしれません。

 

そして並行して、アーケードゲーム向け開発人員をソフトやアプリの開発に振り向けることも発表されました。

これらの一連の流れはつまるところ、「人、モノ、金」という経営の三要素を業務用ゲーム部門から大きく引き剝がすことを意味します。

アーケードゲーム開発事業は引き続き継続すると表明しているとは言え、今回の事業再編で完全にセガのメインストリームから外れてしまった業務用ゲーム事業が今後いかなる運命を辿っていくのか、何となくその結末が見え隠れしている気がしてなりません。

 

 その4へ続きます。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1984年12月号

スーパーソフトマガジン(ベーシックマガジン別冊付録)1984年12月号(第3巻第12号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店舗数は112と10月号の数字に戻したのですが、新規掲載店は以下1店に留まっています。

 

ナムコ

プレイシティキャロットなんば店(大阪府

f:id:annaka-haruna:20210222224222p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年12月号より)

既に掲載店となっている「なんばCITYビッグキャロット」とはその距離500m程度。「プレイシティキャロット道頓堀店」からは更に近い300m程度に位置していたことがマップからわかります。当時はまだナムコも都市型店舗として「キャロット」を積極的に出店していた時期だったと想像出来ます。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210222230827p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222230848p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222230903p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222230916p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222230931p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222230946p:plain

f:id:annaka-haruna:20210222231000p:plain

(画像はいずれもスーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年12月号より)

 

ナムコ系店舗においては予告された「ビッグキャロットすみのえ」以外に掲載停止は出ていませんでしたが、長崎県の「ゲームスペースサンデー」が今号を持って掲載が終了し、ナムコ系では2店目の掲載離脱店となりました。しかしゲーメスト1986年9月号にてスコア集計が開始されるとそちらで掲載が再開されるに至ります。

 

またメーカー系列に属さない集計店で最初に掲載された2店のうち、葛飾区堀切の「ゲームセンターフェニックス」は今号で最後となりました。これまで休載は一度も無く、また最初に手を挙げているということは誌面への掲載に意欲的なお店だったと思われるのですが…
また広島の「鯉城」と鹿児島の「ヤング・タウン」は休載表記で次号以降復活せずフェードアウト。どちらも休載が目立っておりこちらは掲載停止は寧ろ時間の問題だったと言えます。

それにしても「鯉城」という店舗名、広島らしいと言えばそうですがゲームセンターの名称までカープになるんですね。

 

そしてトピック店舗ですが、初回掲載26店に戻って「プレイシティキャロット新宿店」「プレイシティキャロット一番街店」の双方をまとめてピックアップします。

 

①プレイシティキャロット新宿店

f:id:annaka-haruna:20210223100112p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20210223100200p:plain

f:id:annaka-haruna:20210110142304j:plain

f:id:annaka-haruna:20210110142544j:plain

2021年1月10日撮影

 

②プレイシティキャロット一番街店

f:id:annaka-haruna:20210223100258p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20210223100233p:plain

f:id:annaka-haruna:20210110143440j:plain

f:id:annaka-haruna:20210110143308j:plain

2021年1月10日撮影

 

両店の地図は同位置同縮尺なのですがその距離は200m足らず。靖国通りを挟んで新宿東口に2件のキャロットが存在していました。両店ともベーシックマガジン初回ハイスコア集計から名を連ねた歴史ある店舗です。

 

業界紙「ゲームマシン」において、1985年当時の店舗外観や店内の様子を写した記事がありましたので、以下2店分を抜粋します。

 

「プレイシティキャロット新宿店」 

f:id:annaka-haruna:20210223013218j:plain

店舗外装及び1階フロアの様子。2階のダッキーダックは昔から変わっていないようです。

f:id:annaka-haruna:20210223013219j:plain

地下1階フロア内部。

 f:id:annaka-haruna:20210223013221j:plain

f:id:annaka-haruna:20210223013220j:plain

マップ及び周辺店舗データ

(いずれもゲームマシンアーカイブ 1985年5月15日号より)

 

「プレイシティキャロット一番街店」

f:id:annaka-haruna:20210223012736j:plain

 店内の様子。こちらは外観写真はありませんでした。1,2階を店舗が占めていたようです。

f:id:annaka-haruna:20210223012739j:plain

 f:id:annaka-haruna:20210223012738j:plain

マップ及び周辺店舗データ

(いずれもゲームマシンアーカイブ 1985年4月1日号より)

 

新宿という場所柄、繁華街型店舗としてヤングアダルト層をメインターゲットとしており、周辺に林立する他店との差別化のため白を基調とした明るい内装と、ハイスコア集計のようなゲームファン向けサービスを推進していたことが伺えます。

 

ただ傾向が類似した店舗を近隣で2店並立して運営することが難しかったのか、一番街店については1985年7月号で店舗欄の掲載はストップ。新宿店にリソースを集中させる方策を取ったのでしょうか。

その後新宿店はゲームブティック高田馬場やプレイシティキャロット巣鴨店と並んで80年台における東京地域の代表的ナムコロケとしてゲームファンの間で語り継がれることになります。

igcc.jp

「ゲーム文化保存研究所」サイト内の記事「ゲームセンター聖地巡礼」にも新宿キャロットが取り上げられています。新製品のロケテストなども実施されていたようです。

 

しかし90年台に突入し、ナムコのゲームファンに対するスタンスが変化してきた影響を受けたのか、ベーシックマガジンへのハイスコア集計は1991年1月号を最後にストップしました。店舗はその後も営業は続けられていましたが、聖地的なカリスマ性のある店舗からは遠ざかってしまったようです。

ゲームセンター回顧録 セガロケーション撤退に思う その2

セガが店舗を手放すことを確認した際、ロケーションビジネスの現状を確認するため、セガサミーホールディングスのIR情報をチェックしました。

 

ホームページ上では、丁度私が退職した2005年以降のデータを確認出来ました。

しかし古い年度において期末のグループ決算説明資料がアップされていないこと、また15年の間に子会社組織の改編が行われた結果、有価証券報告書内のアミューズメント施設事業売上のセグメントに変更があり、統一した資料から数字を拾い上げることが出来なかったため、2010年度を境に以下の2つの資料からデータを抽出しました。

・2005~2009年:セガサミーホールディングス(株)決算短信の「セグメント情報」

・2010年以降:セガサミーホールディングス(株)決算説明資料の「連結損益計算書

 

以下、アミューズメント施設事業における売上高、当期純利益、店舗数をグラフ化しています。売上高及び当期純利益の単位は百万円となります。

 f:id:annaka-haruna:20210131222947p:plain

f:id:annaka-haruna:20210131222033p:plain

f:id:annaka-haruna:20210131222043p:plain

(データは、2005~2009年までは決算短信、2010年以降は決算説明資料より抽出)

私が退職したのは2005年ですが、そこから2006年に掛けてはアミューズメント施設事業が好調な時期で、当時人気が絶頂だったムシキングや、女の子向けカードゲームの「おしゃれ魔女 ラブ&ベリー」もヒットしており、その恩恵を受けていた時期です。

 

しかしその人気が一巡した2007年に純利益が大きく落ち込み、2007年は何とか持ちこたえたものの2008、2009年と2年連続して施設事業セグメントとして大きな赤字を計上することとなります。2回目の希望退職者募集があったのが2009年のこと。あと4年頑張っていれば…(しつこい)

 

1999年のリストラの際は、ドリームキャストの躓きというコンシューマ部門における要因が大きかったと思いますが、2009年の際にはアミューズメント施設事業及びコンシューマ事業における営業損失が理由と明確に記載されており、特に既存店の売上落ち込みが大きかったようです。

この頃は私もセガを離れ、MJをプレイする程度しかゲームセンターへ行く機会が無かったのですが、ムシキングの後継「恐竜キング」もパッとせず、他の業務用タイトルも含めて自社ヒット製品が乏しかった時期に加え、コナミの大型メダルゲームが幅を利かせており商品構成でもハンデが大きかった時期ではないかと思います。

これを機に従来型の既存店整理が一層進行し、3年掛けて店舗を半減させた結果、2011年にようやく止血し再度利益を出せる状況に至ったことがグラフから見て取れます。2009年にセガからタイトーへ合計12店の運営移管がされましたが、これも恐らくは店舗整理の一環として実施されたのでしょう。

f:id:annaka-haruna:20200606125435j:plain

(2020年6月6日撮影。2021年3月末で閉店が決まった、セガより譲渡された店舗のうちの一つタイトーステーション豊橋
 

ただ、2011年以降は若干の浮沈はあるものの、概ね200店の規模と400億程度の売上で推移しており、赤字計上した年度はあるものの傷口は小さく比較的安定して経営を推移させてきたことが窺えます。

f:id:annaka-haruna:20210203215025j:plain

セガサミーホールディングス(株) 2020年3月期決算プレゼンテーションより抜粋)

 

エンタテイメントコンテンツ事業はセガサミーグループにおけるセガ社の担当領域であり、2020年3月の通期業績予想では総売上2460億に対してアミューズメント施設事業で430億、18%弱の割合となっています。

2005年度では35%程度を占めていたため、セガサミーグループ内におけるアミューズメント施設事業のウエイトが小さくなっていたのは紛れもない事実でしょう。

そして2020年度においてはコロナ禍による大幅な売上の低下が避けられない状況となり、またコロナ禍が明けた後にも以前と同様の売上見通しを立てられず将来性が薄いという経営判断が今回の事業譲渡へと繋がった、というのが大筋の見解ではないかと思います。

 

しかしそれでも売上400億です。

また、数字の部分だけでなくセガアミューズメント施設事業を失うことそのもの影響、そして譲渡されたGENDA側においてもセガが直接運営している時と比べると、いくらセガの名前を残しているとはいえ今後様々なマイナス部分が出てくるのでは、と個人的に危惧しています。その内容は次回で説明したく思います。

 

その3へ続きます。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1984年11月号

スーパーソフトマガジン(ベーシックマガジン別冊付録)1984年11月号(第3巻第11号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は110。コーナー開始以来増加が続いていた店舗数が初めて減少しました。

スコア欄を確認すると判りますが、チャレンジハイスコアの紙面は装丁に変更が無ければこの頃は7ページと尺が決まっていたようで、その枠内に収めることが可能な店舗数が最大とならざるを得なかったことが窺えます。雑誌媒体の宿命ですね。

 

新規掲載店は4店あります。

 

ナムコ

カミーノ古町プレイハウス(新潟県

f:id:annaka-haruna:20210213123606p:plain

・その他

ゲームコーナーロン(北海道)

f:id:annaka-haruna:20210213123617p:plain

バンダナ元町店(福井県

f:id:annaka-haruna:20210213123626p:plain

ビデオインJOY(兵庫県

f:id:annaka-haruna:20210213123637p:plain

(画像はいずれもスーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年11月号より)

新潟市のカミーノ古町プレイハウスは、中心商業地の複合商業ビル内の店舗だったようです。名称からはナムコ系と判別出来ないのですが、店内でNG(ナムコミニコミ誌)が配布されていたという情報を根拠にナムコ系店舗へ分類しました。

ゲームスペースミライヤもそうですが、この時期のナムコは商業施設内店舗に「キャロット」の名称を極力付さないルールがあったように思います。

 

また、新規掲載店についてはこれまでが関東、関西の大都市圏に集中していることを是正するため、地方店舗の掲載が増加してきます。

 

以下スコア欄をアップします。

f:id:annaka-haruna:20210213123655p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123709p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123722p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123738p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123751p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123806p:plain

f:id:annaka-haruna:20210213123820p:plain

(画像はいずれもスーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年11月号より)

 

通信欄である「GAME OVERコーナー」は、この名称にて掲載されたのは今回で最後となっています。全国各地の店舗からミニコミ誌やお便りが編集部に多数届けられていたことに時代を感じます。

 

そして今月のトピック店舗はいきなり北海道へ。

今号から掲載が開始された札幌市の「ゲームコーナーロン」を取り上げます。

 f:id:annaka-haruna:20210213123617p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年11月号より)

f:id:annaka-haruna:20210214213904p:plain

f:id:annaka-haruna:20200921151140j:plain

f:id:annaka-haruna:20200921151015j:plain

f:id:annaka-haruna:20200921151025j:plain

2020年9月21日撮影

 

ハイスコア集計店の跡地を巡っていると、「本当にこの場所で間違いない?」と思う場所に出くわすことが結構ありますが、こちらもなかなかにその条件を満たしています。

住所は新琴似ですが、JR札沼線新琴似駅から徒歩で向かうと20分位は掛かると思います。地下鉄麻布駅からバスで行くのが最も確実ですが、目の前にあるバス停に直接辿り着ける路線は1時間に2本程度しかありません。

碁盤目状に整備された旧屯田兵村が由来の住宅地の真ん中にあり、住所の場所は今や完全に普通の住宅で、ここに以前ゲームセンターが存在していたとはとても思えない閑静な場所となっています。

 

ベーシックマガジンには今号(1984年11月号)から掲載が開始されました。追ってゲーメストにも集計2回目の1986年11月号から登場しダブル掲載店舗となります。

ゲーメストの店舗紹介ページ(シールハイク)に、当時の写真が掲載された記事が残っていました。

f:id:annaka-haruna:20210214222650p:plain

ゲーメスト 1988年5月号より)

場所や客層は完全に駄菓子屋チックだったようですが、ダライアスも含めて大型筐体も設置されていたようで、駄菓子屋ゲーセンと呼ぶには失礼な製品ラインアップや店内の様子が写真から伺えます。

 

ちょうど今年3月まで小樽文学館で開催されている「札幌・小樽ゲーセン物語展」と連動した「札幌・小樽ゲーセン情報リスト」にリストアップされているので転載します。

seesaawiki.jp

掲載は1989年10月号まで約5年継続しました。チャレンジハイスコアのチャレハイ通信欄に以下のメッセージが残っており、純粋に閉店による掲載終了だったようです。

f:id:annaka-haruna:20210214230847j:plain

マイコンベーシックマガジン 1989年10月号より)
ゲーメストのスコア集計も同じく1989年10月号にて終了していることを確認しています。

ゲームセンター回顧録 セガロケーション撤退に思う その1

セガが「ロケーションビジネスから撤退する」というニュースを耳にしたのは、丁度セガ勤務時代の回顧録を書いている最中でした。

突然の発表に驚愕した私は直ぐにでもブログにこの話題を取り上げようとも考えましたが、勤務時代の回顧録途中に挟むのも中途半端なため、終了したこのタイミングで取り上げることと相成りました。

www.nikkei.com

報道直後にセガサミー公式からもプレスリリースが発表され、事実であることが判明します。

www.segasammy.co.jp

https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/20201104_j_subsidiary_final.pdf

 (セガIRリポート、2020年11月4日号)

 

そして株式譲渡先の「GENDA」を含んだ正式な社名変更のインフォメーションが掲載され、2020年末をもって名実ともにセガとしてのロケーション運営は終焉を迎えることとなりました。

f:id:annaka-haruna:20210128182613j:plain

(GENDA SEGA Entertainment ロゴ、同社ホームページより転載)
www.sega-entertainment.jp

(GENDA SEGA Entertainment  インフォメーション 12月30日号にて掲載)

 

セガサミーホールディングスが元々の運営子会社であるセガエンタテイメントの全株式を売却した訳ではなく、また社名変更に当たってセガの名称は残しているものの、セガが所有を続ける15%程度の株式ではもはや経営を大きく動かす力は持ち得ないでしょうから、業務用ゲームビジネスは今後も継続するというセガの「のれん」としての株式保持とみてほぼ間違いないでしょう。

 

自分にとって衝撃的だったのは、元勤務先企業が消滅したという事実ももちろんなのですが、セガが「祖業であるゲームセンター事業から手を引く」ことはあり得ないと思っていたからに他なりません。
60th.sega.com

セガの歴史を紐解いて見るとわかりますが、もともとセガはジュークボックスの輸入販売からスタートしており、「メーカー」よりも「ディストリビューター(販売代理店)」の事業が先行しています。

そのビジネスモデルは「ジュークボックスを飲食店や娯楽施設に設置し、機器のメンテナンスやレコードの入れ替えまでを行う。売上はオーナーと契約歩率で分配する」という内容が想像されます。現在の業務用ゲーム機や自販機で一般的な機器レンタル設置のモデルと恐らく大差はありません。

やがてジュークボックスの需要減少に伴い、ビジネスモデルや取引先も類似しているアーケードゲームのレンタルへと業務内容をシフトさせていったと考えれば、ジュークボックスのレンタル設置が祖業であり、その直接の血を引く業務用ゲーム機の機器設置事業が祖業に最も近いと言っても過言ではないと思います。

 

勿論「祖業」というだけでは、それこそジュークボックスが業務用ゲーム機に代わったようにその事業を維持し続ける理由にはなりません。

コロナ禍によって、ゲームセンタービジネスの業績悪化及びビジネスの先行き不透明さが浮き彫りになってしまったという事情があるとはいえ、業務用ゲームのビジネスを抱えていたからこそ浮沈の激しいゲーム業界においてこれまでセガが生き残れてこれたと思うため、多少の業績変動はあっても事業そのものから手を引くことはないと考えていました。

 

その2へ続きます。