小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1988年3月号

ゲーメスト1988年3月号(通算第18号)のハイスコア集計店マップとなります。

掲載店舗数は前月同数の105店。そして新規掲載店は1店のみなのですが、その1店が…

 

・その他

モンキーハウス本館(福岡県)

 

ゲーメストハイスコアにおける九州の強豪店というと、熊本の「ゲームプラザ」、この時点では掲載されていない二日市(筑紫野市)の「サブカルチュア」、そして福岡の「モンキーハウス本館」がイメージされます。

 1987年6月号から、全国トップを獲得したスコアが掲載された店舗に対して、店舗間競争として☆が付与され、総獲得数が多い店舗が「ハイスコア強豪店」として認識されて行きますが、モンキーハウス本館は掲載初回の今号から早速2個の☆を獲得、以後着々と獲得数を重ねることで強豪店として揺るぎない地位を築いていくこととなります。

 

今回のトピック店舗は、長野県駒ケ根市の隣、伊那市に存在した「がらん3」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20200329220718j:plain

ゲーメスト 1987年10月号より)

f:id:annaka-haruna:20200329220800p:plain

f:id:annaka-haruna:20200320112747j:plain

2020年3月20日撮影

前回、駒ケ根市の「がらんがらん」を取り上げましたが、店舗名からして同じ系列であることは間違いないでしょう。「がらん3=3店目」と想像すると駒ケ根は2店目で、「がらん1」と思しき系列店が他に存在したのでしょうか。

 

こちらは1987年10月号からと、「がらんがらん」からは約1年遅れて掲載が開始されました。伊那市は人口規模は駒ケ根市の倍程度はあり、かつ隣の伊那市駅前から続く中心市街地の端にあたる伊那北駅前に立地していたため、がらんがらんと比較すると学生を中心とした都市型店舗の位置付けと思われます。

しかしここも地方都市に多く見られるシャッター街化が進んでおり、現地は写真のように後から入居した飲食店も撤退した空き店舗状態になっていました。

 

そういえば、隣の伊那市駅前には2000年代まで、長野県では比較的有名だった長野市の「アミューズメントパークNASA」が機械をレンタルしていたゲームセンターが存在していたのですが、NASA本体すら2017年に閉店した現在ではさすがにに残ってないでしょうね…この記事を書いていて思い出しました。