小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1988年5月号

【2022年1月スコア欄追加及び一部追記修正】

ゲーメスト1988年5月号(第3巻第5号)のハイスコア集計店マップとなります。

掲載店総数は100店ちょうどで前月比+4。今月も新規掲載店は無く、既存掲載店内での増減に留まっています。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20150629175005j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629175309j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629185036j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629185113j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629194152j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629194212j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629194229j:plain

 

f:id:annaka-haruna:20150629194251j:plain

f:id:annaka-haruna:20150629194308j:plain

ゲーメスト 1988年5月号より)

 

トピック店舗とは別になりますが、岩手県大船渡市に「ファミリーランドアルパ」という集計店が有ります。(1988年5月では掲載が無いお店です。1988年6月号を最後に掲載店から姿を消してしましますが…)

f:id:annaka-haruna:20200423143139p:plain

ゲーメスト 1987年6月号より)

f:id:annaka-haruna:20200423165218j:plain

ゲーメスト 1987年7月号より)

f:id:annaka-haruna:20200423171642p:plain

1987年6月号が初掲載で、その時の住所を「盛字町8‐16」にてプロットしていたのですが、初回の住所は「盛字町10-11」が正であり、1987年7月号から住所が変更されていたことを確認しました。マップについても訂正をいたしております。
「盛字町10-11」では現在でもサンリアというショッピングセンターがプロットされるため、ショッピングセンター内のゲームコーナーが集計店という80年代には比較的良く見られる構図ですが、「盛字町8-16」では盛駅前の場所を指し示します。(上記マップの駅前のマーク位置が該当します。)

普通なら「ショッピングセンターの改装期間だけ駅前の仮店舗で2,3か月営業した」のような原因が考えられるのですが、そこは誤植で名を馳せたゲーメスト。過去に紹介した3か月間だけ住所が異なっている仙台の「ゲームコーナーロム」を始めとして、数店同様の事例が見られるため、「単なる誤植」だけの可能性も十分にあり悩ましい所です。

一応、店舗名が同一で住所が異なる場合は、異なる場所についても地図上にプロットする方針で進めておりますが、あまりに不自然な場所の場合は誤植と判断して無視する場合もあることをご承知願います。

(実際に、1989年に入って千葉県の「サンペデックナムコランド」が、それまでのショッピングセンター内から2か月だけ住宅街ど真ん中の住所になっている事例があり、あまりにあり得ないため誤植と判断しています。)

 

さて、トピック店舗に移ります。

北海道のゲーメスト単独掲載店舗シリーズ4店目として釧路市の「釧路キャロットハウス」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20220118220440j:plain

ゲーメスト 1987年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20220118220525p:plain

f:id:annaka-haruna:20200920170112j:plain

f:id:annaka-haruna:20200920171101j:plain

f:id:annaka-haruna:20200920164801j:plain

f:id:annaka-haruna:20200920165857j:plain

f:id:annaka-haruna:20200920165830j:plain

2020年9月20日撮影

道東最大の街釧路市

今では帯広や苫小牧に人口を抜かれてしまいましたが、かつては札幌、旭川、函館に次ぐ北海道第4の人口を持ちナムコも市内に複数の店舗を運営していました。そしてその内の一軒が市内中心地から少々外れた国道38号鳥取大通沿いにあった釧路キャロットハウスです。あとの2店はいずれもショッピングセンターインストアで、ここだけが単独の店舗だったようです。

 

キャロットの名称を持つ店舗は圧倒的にベーシックマガジン寄りで、ゲーメストに掲載された場合でもベーマガとダブル掲載していた場合が殆どでしたが、ここは珍しくゲーメストへの単独掲載となっていました。

 

誌面掲載の住所「鳥取大通5-4-3」は現在の地図ではピンポイントにヒットしないため当時の住宅地図の位置を頼りに現地を確認すると、該当する建物は既になく写真のトレーニングジムと焼肉店の間に挟まれたコンクリ基礎だけが残っている場所となるようです。

f:id:annaka-haruna:20220118222330p:plain

ゼンリン住宅地図 釧路市1987年より)

 

鳥取大通5丁目」の文字と重なっており見辛いですが、「1F キャロットハウス」の文字が確認出来ます。2階は建設会社事務所だったようです。

しかし翌1988年の地図では同一建屋にキャロットの文字がありません。

f:id:annaka-haruna:20220118222338p:plain

ゼンリン住宅地図 釧路市1988年より)


この地図情報では1988年には既に閉店しているような扱いですが、誌面への掲載は1989年3月まで継続しているため地図をデジタル化した際に情報の抜けが発生しているようです。当時の住宅地図も全面的に信用出来るとは限らない事例となっています。

当時のナムコ系らしいアットホームな店舗だったようですが、中心市街地や駅からも距離がありかつ単独店舗だったこともあって営業的には厳しかったようで、結果的に製品の入荷があまり伴わず90年台前半には姿を消していた模様です。

私は1987年に初めて北海道へ足を踏み入れた際、釧路駅から阿寒湖へ向かうバス乗車中にこの店舗が見えたのですが、バックが黒の看板に「CARROT」の文字が描かれていた覚えが薄っすらとあります。30年以上前のたどたどしい記憶なので間違っているようであればご指摘を頂けると幸いです。