小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1988年5月号

ゲーメスト1988年5月号(通算第20号)のハイスコア集計店マップとなります。

掲載店総数は100店ちょうど。今月も新規掲載店は無く、既存掲載店内での増減に留まっています。

 

トピック店舗とは別になりますが、岩手県大船渡市に「ファミリーランドアルパ」という集計店が有ります。(1988年5月では掲載が無いお店です。1988年6月号を最後に掲載店から姿を消してしましますが…)

f:id:annaka-haruna:20200423143139p:plain

ゲーメスト 1987年6月号より)

f:id:annaka-haruna:20200423165218j:plain

ゲーメスト 1987年7月号より)

f:id:annaka-haruna:20200423171642p:plain

1987年6月号が初掲載で、その時の住所を「盛字町8‐16」にてプロットしていたのですが、初回の住所は「盛字町10-11」が正であり、1987年7月号から住所が変更されていたことを確認しました。マップについても訂正をいたしております。
「盛字町10-11」では現在でもサンリアというショッピングセンターがプロットされるため、ショッピングセンター内のゲームコーナーが集計店という80年代には比較的良く見られる構図ですが、「盛字町8-16」では盛駅前の場所を指し示します。(上記マップの駅前のマーク位置が該当します。)

普通なら「ショッピングセンターの改装期間だけ駅前の仮店舗で2,3か月営業した」のような原因が考えられるのですが、そこは誤植で名を馳せたゲーメスト。過去に紹介した3か月間だけ住所が異なっている仙台の「ゲームコーナーロム」を始めとして、数店同様の事例が見られるため、「単なる誤植」だけの可能性も十分にあり悩ましい所です。

一応、店舗名が同一で住所が異なる場合は、異なる場所についても地図上にプロットする方針で進めておりますが、あまりに不自然な場所の場合は誤植と判断して無視する場合もあることをご承知願います。

(実際に、1989年に入って千葉県の「サンペデックナムコランド」が、それまでのショッピングセンター内から2か月だけ住宅街ど真ん中の住所になっている事例があり、あまりにあり得ないため誤植と判断しています。)

 

さて、トピック店舗に移ります。

引き続き長野県伊那地域から、伊那市へ再度戻って「ニシザワ双葉店 ナムコランド」をピックアップ。

f:id:annaka-haruna:20200423212611p:plain

ゲーメスト 1987年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20200423212750p:plain

f:id:annaka-haruna:20200320105758j:plain

f:id:annaka-haruna:20200320110212j:plain

2020年3月20日撮影


伊那市内の国道153号を北上すると、飯田線を跨ぐ陸橋が立ち上がる左カーブに差し掛かりますが、その陸橋のたもとに「ニシザワマーケットプレイス双葉店」が現在でも営業を続けています。店舗はその敷地内に存在した模様です。

建屋を見ると、駐車場正面に建屋本体に継ぎ足されたような現在コインランドリーになっているスペースがありますが、昔この場所にゲーム機が設置されていたのが国道から見えた覚えがあるため、恐らくコインランドリーになる前にはゲームコーナーが存在していたのではないかと思われます。ナムコの直営店だったというのは初めて知りました。

 

1987年1月号に初登場しましたが、翌3月号を最後に掲載はストップし、2回だけの掲載に留まりました。初掲載の月はナムコ系だけでも13店もの新規掲載を数えたのですが、その中でも最も早く姿を消した店舗です。

掲載終了後伊那市の集計店は一旦空白となりますが、1987年10月に前述の「がらん3」で復活することとなります。地図上では見えませんがこの場所は伊那北駅が程近く、もし掲載が継続したとしても駒ケ根同様に2店の集計店併存は難しかったかもしれません。