小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1988年6月号

【2022年1月スコア欄追加及び一部追記修正】

ゲーメスト1988年6月号(第3巻第6号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は102店で先月比+2。3か月振りに新規店舗が3店追加されました。

 

タイトー

ウィルトークタイトー高知店(高知県

f:id:annaka-haruna:20220110114704j:plain

 

・その他

スペースイン・プラザ(東京都)

f:id:annaka-haruna:20220110114720j:plain

 

スーパーアカトンボ(福岡県)

f:id:annaka-haruna:20220110114750j:plain

ゲーメスト 1988年6月号より)

高知県はこれで既に4店目の掲載となるのですが、過去の3店はいずれも掲載は不定期気味で、いずれも短期間で掲載を終了してしまいます。ウィルトークタイトー高知店も同様で、次号7月号までの2回だけの掲載で姿を消します。

スペースイン・プラザは八王子そごうの中にあったゲームコーナーが集計店になったもの。おりしも札幌そごう内ゲームスポットも集計店として登録されており、「そごう店内のゲームコーナーは充実している」と解釈した私は、当時住んでいた豊田市や、帰省先だった大宮市にそごうがオープンした際には期待に胸膨らませ店内ゲームコーナーを探したのですが、大宮は小規模で空振り、豊田に至ってはゲームコーナーすら存在せず拍子抜けした記憶が蘇ります。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20150630131258j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131311j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131328j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131530j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131545j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131648j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131737j:plain

 

f:id:annaka-haruna:20150630131847j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630131939j:plain

f:id:annaka-haruna:20150630140059j:plain

ゲーメスト 1988年6月号より)

1988年2月号で取り上げられた「プレイシティキャロット巣鴨店」に続き、全国トップスコア(☆)10回獲得で取り上げられたのは名古屋のイエローハット
私もこの前後が最もイエローハットに通っていた時期でした。懐かしい店内写真が多数掲載されています。まだテーブル筐体中心でナムココンソレット筐体が導入される前の時期ですね。

場所が少々わかりずらい、近隣が予備校地帯のため平日は一般層も含めて盛況だが週末の集客に難があるといった店舗事情が綴られています。

弊ブログでも店舗のことを取り上げさせてもらっていますので、宜しければ合わせてご覧いただければと存じます。

www.inu-inu-yeti.com

 

続いてトピック店舗です。

北海道のゲーメスト単独掲載ナムコ系店舗は5店を数えますが、今回が最後の紹介となります。「プレイシティキャロット旭川店」を取り上げます。

f:id:annaka-haruna:20220119221439j:plain

ゲーメスト 1987年3月号より)

f:id:annaka-haruna:20220119221518p:plain

f:id:annaka-haruna:20200919162117j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919160416j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919162027j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919160529j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919160752j:plain

2020年9月19日撮影

 

旭川市の繁華街はJR旭川駅付近に拡がっていますが、駅前から東へ徒歩15~20分程度向かうと旭川銀座弁天神社を中心とした「旭川座商店街」があります。

商店街中心であり歩行者専用となっている仲見世通りと、3・4条仲通りが交わる角にある「銀ビル」2階にキャロットが存在しました。

f:id:annaka-haruna:20220130211120p:plain

f:id:annaka-haruna:20220130211128p:plain

ゼンリン住宅地図 旭川市1988年より)

motonr.net

旭川駅からはかなり距離があるため観光客の姿は少なく、並んでいる商店も市場を中心とした地元の方々の台所と言った風情です。夜になると付近の商店は全て閉まってしまうため人気が殆ど無くなってしまします。

f:id:annaka-haruna:20170725223412j:plain

2017年7月25日撮影

 

キャロットのあったビル2階は現在「銀座通内科クリニック」となっています。

ゲーメストへの掲載は1987年3月号からですが、同月号内に以下の店舗紹介記事が掲載されていました。

f:id:annaka-haruna:20220119230224j:plain

ゲーメスト 1987年3月号より)

記事内に「正面エスカレータを2階へ昇って行く」とあるように、1階から2階へ上がるエスカレータが設置されており、私も旅行中に伺った際にはそのエスカレータを使って入店した記憶があります。エスカレータは1本しかなかったため閉店前以外は昇り専用となっており、退店は5枚目写真の階段を使用していました。

 

f:id:annaka-haruna:20200919161913j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919161715j:plain

f:id:annaka-haruna:20200919161352j:plain

2020年9月19日撮影

 

現在1階は写真のカフェになっています。

恐らくカフェ入口付近にエスカレータが存在していたものと思われますが現在は撤去されており、上記ゲーメスト記事内にある入口写真部分がビルのどこに存在したのか外観上は分からなくなっています。店内にもエスカレータがあったような形跡はありません。

カフェの店員さんに「このビルに昔エスカレータありませんでしたか?」と聞いてみた所、「随分昔にあったような覚えがある」との回答を頂きました。カフェのレシート住所が誌面記載の住所と異なっています。

 

また、店内にレンタルスタジオ及び喫茶コーナーがある旨の記載があります。「コンビニエンス・キャロット」を謳っているように新業態に挑戦した店舗だったようです。

北海道のナムコ系店舗は札幌市の「赤い風車」や「川沿キャロット」もそうですが飲食併設の店舗が多く、特に冬場の店舗滞在時間を延ばすための施策のようです。ただスタジオも喫茶コーナーも私が伺った際の印象には殆ど残っておらず、積極的にアピールはされていなかったように思います。

 

掲載は1993年5月号まで継続しました。閉店による掲載終了となっています。

ゲーメストの「ハイスコア通信」欄に閉店の告知がされています。

f:id:annaka-haruna:20220120224838j:plain

ゲーメスト 1993年5月号より)

 

掲載開始の1987年前後にオープンした店舗と思われるので、営業期間は実質6年程度となるのではないでしょうか。比較的短命な店舗となってしまったようです。駅前繁華街から離れていることもあり正直集客には苦慮していたことが想像されます。