小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1989年9,10月号

まずはゲーメスト1989年9月号(通算第36号)のハイスコア集計店マップから。

掲載店総数は97となり、1989年4月号から3桁に戻った店舗数は再度100を割り込むのですが、以後確認している時点では再度3桁の店舗数に戻ることはないようです。

この号は新規掲載店が無く、またこの号が最後となった店舗も石川県の「コスモランド・ムサシ」のみで動向が少ないため、次号も併せて紹介します。

 

そして1989年10月号(通算第37号)はこちらとなります。

掲載店総数は98。新規掲載店は先月に続いて存在しないのですが、翌月の1989年11月号のハイスコア伝言板(店舗コメントのコーナー)に以下のコメントを発見しています。

f:id:annaka-haruna:20200803224326j:plain

ゲーメスト 1989年11月号より)

ここだけ見ると新規に掲載を開始した店舗にしか見えないのですが、1987年9月号~1989年1月号までは掲載店に名を連ねており、8か月の空白期間を経てのコメントとなっています。以前にハイスコアを管理していたスタッフが店を離れ、別の理解あるスタッフが再度集計を開始したといったところでしょうか。

 

また、この号を最後に福島県の「ダイエーレジャーランド郡山店」が姿を消しています。ゲーメスト初回ハイスコア集計から店舗名を連ね、特にアウトランタイムアタックで名を馳せた東北地方を代表する集計店だったのですが、1989年に入ってからは休載が目立つようになっていました。

そして集計2回目の1986年11月号から、こちらは一度も休載を挟んでいなかった北海道は新琴似の「ゲームコーナーロン」もこの号が最後の掲載となりました。老舗集計店が掲載店入れ替えに伴って徐々にですが姿を消していくようになります。

 

そしてトピック店舗は千葉県を継続。セガ系店舗が続きましたが再度ナムコ系に戻り、千葉市の「マリンピア ナムコランド」を取り上げます。

f:id:annaka-haruna:20200805105119j:plain

ゲーメスト 1987年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20200805110935p:plain

f:id:annaka-haruna:20200705161404j:plain

f:id:annaka-haruna:20200705162013j:plain

f:id:annaka-haruna:20200705161940j:plain

2020年7月5日撮影

 

京葉線稲毛海岸駅前に、イオンの「マリンピアショッピングセンター」が立地しており、その中にナムコがテナントとして存在していたようです。現在はナムコは撤退しており、3階フロアに子供向けアミューズメント施設のNICOPAが入居していますが、特に3階フロアは内装を大きく変更している形跡があるため、ナムコがNICOPAと同じ場所で営業していたかどうかは定かではありません。

 

ハイスコア集計欄には1987年1月号から掲載されたのですが、翌3月号を最後に掲載店からは姿を消しました。津田沼のサンペデックや千葉市の集計店から比較的近く、また1987年は京葉線が全線開業する前(1986年3月に西船橋~千葉みなと間が開業。蘇我および新木場まで開業するのは1988年12月)なので駅前とは言え決してアプローチは良くなかったこともあり、スコアラーが集まりにくかったのかもしれません。