小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト(ゲーメスト1990年1,2月号)

ゲーメストのハイスコア集計店マップもようやく1990年台へと突入しました。しかし前回に引き続いて年が変わってもまだ集計店の動きは少ないため、今回も2か月分をまとめて紹介します。まずは1990年1月号(通算第40号)から。

総掲載店舗数は94で1989年12月号と同数となり、ほとんど動きがありません。

前回は取り上げられなかったのですが、1989年12月号を最後に大阪市の「ゲームハウス999」が掲載を停止しています。最初のハイスコア集計店舗である1986年9月号掲載の35店のうち、初回で集計店から離脱した茨木市の「Pasadena」を除くと唯一関西圏で掲載が継続されていましたが、大学の付近とはいえ最寄駅が遠く、プレイヤーが集まるには少々厳しい立地だったのではないかと思われます。

 

そして1990年2月号(通算第41号)へと移ります。

総掲載店舗数は93と一つ減りますが、新規は1店追加されています。

 

セガ

ハイテクセガ太田(群馬県

 

群馬県太田市に2軒目の集計店として掲載が開始されますが、2ヵ月前の1989年11月号から掲載が開始された「ジャックアンドベティー」とその距離約50m。

店舗でハイスコア集計を行うことがまだ集客策として効果があると思われていた時代には、他店との競争のためか至近距離の店舗がこぞって集計を開始する例は時折見られました。店舗の郊外化が進行する以前は地方の駅前商店街にも複数のゲームセンターが存在しており、まだ活気があった時代を象徴しているようです。

それにしても1989年後半からこの1990年頭にかけて、新たな集計店の追加はほぼストップしているのに対してセガ系店舗だけは5店もの新規掲載がされています。(高崎、金沢、長浜、藤井寺、太田)セガ系店舗がスコア集計に理解があった最後の時期だったようです。一方で、大阪市の「ハイテクランドセガ杉本町」は今号で掲載店から姿を消します。

 

そしてトピックですが、千葉県のナムコ系集計店は市川~千葉の間に集中していたのに対して、唯一飛び地的に存在していた銚子市の「ナムコクリハシ店」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20200816142845j:plain

ゲーメスト 1986年9月号より)

f:id:annaka-haruna:20200816142926p:plain

f:id:annaka-haruna:20200814170146j:plain

f:id:annaka-haruna:20200814165737j:plain

f:id:annaka-haruna:20200814170002j:plain

f:id:annaka-haruna:20200814165505j:plain

2020年8月14日撮影

 

千葉県の東端に位置する漁業の町銚子市、港にも近い銚子銀座と呼ばれる中心繁華街に「クリハシ百貨店」がかつて存在しており、そのテナントとしてナムコが存在していたようです。

 

ゲーメスト掲載の「銚子市新生1-17」という住所は現在の地図では特定出来なかったのですが、調査するとクリハシ百貨店の住所が「銚子市新生町1丁目41-45」であることが確認されたため、この住所を正確な位置としてマップにはプロットしています。

 

現在は写真のようにマンションが建っており、店舗の痕跡が全く残っていないのは先日紹介した千葉市の「ゲームプラザ」と類似しています。また付近は銚子銀座ココロードとして綺麗に街路や歩道が整備されているのですが、JR銚子駅からも遠く典型的な地方都市のシャッター街と化してしまっていました。ゲーメストに掲載されていた1986年頃はまだ活気があったのでしょうか。

 

ハイスコア集計店としては、1986年9月号の初回集計から掲載されたのですが、翌11月号を最後に姿を消しています。