小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1990年5,6月号

ゲーメスト1990年5,6月号(通算44,46号、45号は増刊)のハイスコア集計店マップとなります。今回も動向は非常に小さいため引き続き2か月分をまとめております。

 

ゲーメスト1990年5月号(通算第44号)

集計店舗数:96

ゲーメスト1990年6月号(通算第46号)

集計店舗数:91

今回も新規集計店の追加はありません。50号の店舗入れ替えを控えているため当然といえば当然なのですが。

掲載総店舗数は漸減傾向。以下2店がこの2ヵ月で掲載を終了しています。

 

5月号:小野塚商店(神奈川県)

6月号:ハイテクセガ長浜(滋賀県

 

「愛称:トッキョ」と店舗名欄にわざわざ注釈が入っていた横浜市の小野塚商店は、1986年9月号の初回掲載35店に名を連ねていたお店でしたが、1989年に入ってからの1年半で掲載されたのはわずか5回。掲載終了は時間の問題だったというのが正直な所でしょう。

またハイテクセガ長浜も実質1年未満で掲載終了。最初の住所誤植で付いたミソは大きかったのか…

 

さて、集計店入れ替えに向けた準備として4月号から掲載されている「ハイスコア掲載店改訂計画のお知らせ」については5,6月号で参加要件及び募集のお知らせが掲載されています。

f:id:annaka-haruna:20200823113850j:plain

ゲーメスト 1990年5月号より)

f:id:annaka-haruna:20200823113906j:plain

ゲーメスト 1990年6月号より)

 

自身が過去に出入りしていたハイスコア集計店は、どこも店員が常駐し管理も行き届いている店舗が殆どで、それが当たり前と思っていたのですが、現実にはその当たり前が出来ていなかった店舗が多数存在したようです。

例えばスコア確認の連絡を店舗に入れたりすると、対応が高齢の店番従業員で話が全く通じなかったとか。管理が行き届いていないため申請されたスコアに対してのチェックも甘く嘘や真偽不明なスコアの温床となってしまい、では確認しようと店舗へ連絡すればけんもほろろな対応をされるという悪循環では、審査を厳しくするのはやむを得ないことと思われます。

 

また、このブログのトピックで店舗跡地を訪ねると、「本当にこの場所で間違いないのか?」という疑念が生まれることが有るのですが、郵送した集計用紙が宛先不明で返送されるということはそもそも店舗から連絡された住所そのものが間違っていたという可能性もあり、誤植の影響も含めて跡地探索を困難にしている要因にもなっています。

 

そしてトピック店舗は千葉県を離れ、再度長野県へ。

1986年9月号のゲーメスト初回掲載から1990年時点でも掲載が継続している「プレイシティキャロット松本店」を取り上げます。

f:id:annaka-haruna:20200823124324j:plain

ゲーメスト 1986年9月号より)

f:id:annaka-haruna:20200823124343p:plain

f:id:annaka-haruna:20200723153345j:plain

f:id:annaka-haruna:20200723153501j:plain

f:id:annaka-haruna:20200723153537j:plain

f:id:annaka-haruna:20200723153512j:plain

2020年7月23日撮影

 

ゲーメスト初回掲載時は「プレイシティ松本店」と表記されていますが、次回以降は訂正されています。

長野県第二の都市松本市、その玄関である松本駅を出て正面にある繁華街に立地していました。写真ビルの地下1階で現在はカラオケ店のフロアになっています。

90年台後半に一度行ったことがあるのですが、階段で地下へ降りた先にあったと記憶しているため、4枚目写真のシャッターが降りている階段が出入口跡かと思いましたが、

f:id:annaka-haruna:20200827140636j:plain

(季刊NG4号より。@Area51_zek 氏のtwitterより転載)

この写真を見るとビル正面右側に地下に直接入れる出入口があったように見えるため、カラオケ店に改装した際にアーチも含めた地下への入口を撤去している可能性が高いと思われます。

 

オープンは1979年とのことで相当に歴史のある店舗です。

長野県はここ以外には「キャロット」の名前を冠するナムコ直営店舗が誌面上に登場しなかったこともあり、県内を代表するハイスコア集計店として長期に渡って存在感がありました。2000年前後まで店舗は存続していたようなので20年程度は営業が続いていたことになります。

私は仕事で2002年に長野県は上田市に赴任したのですがその際には既に閉店後だったため、長野赴任後に訪れることは叶いませんでした。しかしここの元常連の方に上田で声を掛けて頂きメンバーとの飲み会に加えてもらい、その後も毎年1回は飲んでいる縁が続いているため、不思議と無関係とは思えない店舗となっています。

 

現在の松本駅前は、キャロット閉店後に残っていたパチンコ店併設のゲームセンターも撤退し、20万都市の代表駅前にゲームセンターが1軒もないという状況になっています。(ここでいうゲームセンターはこのブログをお読みいただいている方々が定義しうるゲームセンターという意味です。)