小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1990年9月号

ゲーメスト1990年9月号(通算第49号)のハイスコア集計店マップとなります。

翌50号の掲載店大幅入れ替えを控え、また7,8月号にて掲載を終了した店舗が多数発生した影響で、総掲載店数は83まで落ち込みました。

 

流石に今号の新規掲載店は0。

そして先々月、先月からさらに引き続いて以下の店舗が今号を最後に掲載店から姿を消しています。

 

ナムコ

サンペディックナムコランド(千葉県)

プレイシティキャロット琴似店(北海道)

プレイシティキャロット佐世保店(北海道)

プレイシティキャロット仙台店(宮城県

秋田キャロットハウス(秋田県

プレイシティキャロット島大前店(島根県

 

タイトー

ウィルトークタイトー高崎2号店(群馬県

 

・その他

アミューズメントマリオ(岡山県

 

ナムコ系ロケーションの大量離脱が目立ちます。

しかもサンペデックナムコランドやプレイシティキャロット琴似、仙台といった一時は地域の代表格だった店舗が相当に含まれています。

 

ナムコ系店舗はもともと電波新聞社とのコネクションでどうしてもベーシックマガジン寄りになっていたこともあり、ゲーメストハイスコア集計初期こそ多数の集計店舗が登場したものの、新たに掲載が開始された店舗は非常に少なかったことが今回マップの制作過程で明らかになっています。

 

またゲーメスト創刊時はナムコ黄金時代が終焉しつつあり、加えて当時のナムコロケーションは小規模店舗の整理(特に都市部及びその周辺のキャロット系店舗)とゲームファン向け店舗からの業態変化(平たく言えばゲームマニアの排除)を図りつつあり、その結果自社のゲームタイトルやロケーションをメインに取り上げないゲーメストへの意趣返し的な部分がひょっとすると存在していたのかもしれません。それを裏付けるかのように、今回ゲーメストへの掲載は停止したものの、ベーシックマガジンには引き続き掲載を継続していた店舗がいくつか含まれています。まあ意趣返しというのは多分に憶測を含んではおりますが。

 

そしてトピック店舗は愛知県。このブログの回顧録ではさんざん取り上げている愛知県の店舗ですが、トピックで取り上げるのは初めてとなります。尾張一宮市の「岐阜遊園ゲームコーナー」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20200923231012j:plain

ゲーメスト 1987年8月号より)

f:id:annaka-haruna:20200923231049p:plain

f:id:annaka-haruna:20200913113258j:plain

f:id:annaka-haruna:20200913111957j:plain

f:id:annaka-haruna:20200913112105j:plain

f:id:annaka-haruna:20200913112653j:plain

f:id:annaka-haruna:20200913112705j:plain

2020年9月13日撮影

 

名前は「岐阜遊園ゲームコーナー」ですが、所在地は岐阜県ではなく前述の通り愛知県一宮市。この当時ゲーメストにはまだ岐阜県の集計店は存在していませんでした。

 

JR(尾張一宮駅)、名鉄名鉄一宮駅)の駅東口から徒歩5分程度の場所に、現在も建屋は残っている「ルボテンサンビル」があり、そのテナントだった模様です。

現在はマンションになってしまっていますが、かつてはこの建屋の隣に地元大型スーパーの「グランドタマコシ」があり、また一宮七夕祭りで有名な本町商店街のアーケード入口が建屋の道路を挟んで反対側に控えているため、かつては相当な賑わいを見せていたと想像されます。

f:id:annaka-haruna:20200913113338j:plain

建屋と道路を挟んで反対側に面する本町商店街アーケード入口。

しかし、これは隣の岐阜市にも言えることですが、街の基幹産業であった繊維産業が衰退。また一宮は名古屋までJRの快速で約10分という利便性もむしろ災いし、立派なアーケードとは裏腹に商店街内はシャッターを下ろしている店舗が非常に目立ちます。

ルボデンサンビルも元々はタマコシの別館テナントビルのような位置づけだったようですが、タマコシ閉店・建て替えで建屋だけ取り残されるような恰好になってしまっています。

 

そのルボデンサンビル、通りに面している1階はまだいくつかテナントが営業を続けていますが、1階以外はその建屋の大きさに比してテナントはまばら。地下1階に降りてみるとフロア内は既にかび臭い匂いが充満しており、残念ながら一般の方が気軽に入れる空間ではありませんでした。


そしてここに存在した岐阜遊園ゲームコーナーですが、ゲーメストへの掲載は1987年8月号から11月号までのわずか4か月間に留まりました。しかしながら後に名古屋市の「イエローハット」にてご活躍される方々のネームが多数見受けられ、愛知県は尾張地区の有力スコアラーが集まった時期もあったようです。こちらは一足早く名古屋へ吸収されてしまったということでしょうか...

 

店舗が建屋内のどこで営業され、またどのくらいまで存在したのかは現地から探ることは出来ませんでした。