小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1990年10月号

ゲーメスト1990年10月号(通算第50号)のハイスコア集計店マップとなります。

4月号から告知がされていた通り、この50号で新規掲載店舗の大きな追加がありました。その数合計18店舗。この大幅追加で掲載店総数は92まで戻します。

以下、今回追加された店舗一覧です。

 

セガ

ハイテクランドセガ大船(神奈川県)

f:id:annaka-haruna:20200929211610j:plain

タイトー

ジョイランドタイトー草津滋賀県

f:id:annaka-haruna:20200929211727j:plain

・その他
アミューズメントハウスタックル★V(北海道)

f:id:annaka-haruna:20200929211815j:plain

ファミリーランドカーニバル(福島県

f:id:annaka-haruna:20200929211944j:plain

今市ゲームセンター(栃木県)

f:id:annaka-haruna:20200929212033j:plain

JOYCOM'S多賀店(茨城県

f:id:annaka-haruna:20200929212112j:plain

プレイランドスカイシアター(埼玉県)

f:id:annaka-haruna:20200929212154j:plain

八千代プレイランドカーニバル(千葉県)

f:id:annaka-haruna:20200929212223j:plain

プレイランド池袋ラスベガス(東京都)

f:id:annaka-haruna:20200929212317j:plain

オレンジハットとなみ店(富山県

f:id:annaka-haruna:20200929212411j:plain

ゲームセンター大野プレイランド(福井県

f:id:annaka-haruna:20200929212455j:plain

PLAY CITY NASA杉本町店(大阪府

f:id:annaka-haruna:20200929212626j:plain

タウンスポットプレイランド(大阪府

f:id:annaka-haruna:20200929212708j:plain

川島玩具店兵庫県

f:id:annaka-haruna:20200929212746j:plain

イーストランドファミリーガーデン(岡山県

f:id:annaka-haruna:20200929212813j:plain

サブカルチュア(福岡県)

f:id:annaka-haruna:20200929212855j:plain

サミーハウス(長崎県

f:id:annaka-haruna:20200929212937j:plain

ゲームピアチャンス国分店(鹿児島県)

f:id:annaka-haruna:20200929213010j:plain

(画像は全てゲーメスト1990年10月号からとなります)

これだけ新規掲載店が並ぶ機会は今後恐らく無いと思われるため、店舗欄付きで紹介してみました。当時を思い出すスコアラーが一人でもいらっしゃれば幸いです。

 

今回、埼玉のプレイランドスカイシアター、千葉の八千代プレイランドカーニバル、大阪のプレイシティNASA杉本町店、タウンスポットプレイランド、そして福岡のサブカルチュアと、90年台のハイスコアシーンを盛り上げた店舗が顔を揃えています。

 

流石に今回をもって掲載を終了した店舗はないかと思いきや、ハイテクセガ太田(群馬県)が単独掲載店舗としては終了。次号は隣町のハイテクセガ桐生と合同集計となるため、掲載終了という表現は相応しくないかもしれません。

 

また、ハイスコア欄最後にこのような囲み記事がありました。

f:id:annaka-haruna:20200929215023j:plain

掲載を中止した店舗は、掲載終了ではなく休載という扱いになっていたようです。

閉店したり店長が変わって店舗運営方針が変更されるという可能性はあるものの、20店を超える店舗がほぼ同時にその状況になることは考えにくく、中には直接手を挙げた店舗もあったかもしれませんがある程度は編集部から店舗へ掲載終了への打診があったのではないでしょうか。どのような基準で該当店舗が選ばれたのかは今となってはあまり追及する必要はないのかもしれませんが、気になるところではあります。

上記囲み記事は、掲載終了店舗へのフォロー的意味合いが多分に含まれていたのではないかと思われます。

 

トピックは今回はお休みします。