小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト ゲーメスト1990年11月号

ゲーメスト1990年11月号(通算第51号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

10月号で18店の新規掲載店追加があったものの、7月号の時点では22店の掲載希望店があったと誌面に情報が展開されており数が一致しなかったのですが、今号で5店の追加がされたため合計での新規掲載は23店となっています。

 

以下、10月号同様に店舗欄付きで紹介します。

 

・その他

ファミリーランドピノキオ(北海道)

f:id:annaka-haruna:20201004101126j:plain

プレイランドファンタジア(秋田県

f:id:annaka-haruna:20201004101153j:plain

西銀座ゲームプラザ(山梨県

f:id:annaka-haruna:20201004101217j:plain

ゲームシティダダ(島根県

f:id:annaka-haruna:20201004101236j:plain

丸久ファミリーランド小郡店(山口県

f:id:annaka-haruna:20201004101257j:plain


この追加に伴い、掲載店総数は94まで戻しました。

 

今回の新規集計店募集に関しては、当初から「集計店が存在しない県を優先」と明言していたこともあり、広範囲の地域から店舗か選ばれています。

 

北海道の中標津、秋田の本荘、福島の会津若松、栃木の今市、福井の大野、岡山の津山、島根の出雲、長崎の島原、鹿児島の国分…

 

これはこの頃のゲーメスト集計店の特徴だと思っているのですが、東京都や大阪府の大都市圏や、地方でも県庁所在地レベルの掲載店が少なく、比較的地方都市に集計店が偏っていました。

 

この11月号において東京都の23区内の店舗は、既に有力店として知られていた巣鴨、神保町、荏原の3店以外では、集計開始当初から続いている池袋サンシャインのゲームプラザ・ザ・ゴリラ、そして中央プラザ大泉店と10月号で追加されたプレイランド池袋ラスベガスの6店しか存在しません。関東近隣でも神奈川は川崎市横浜市、千葉県千葉市や現在の埼玉県さいたま市(浦和、大宮)には集計店が無く、大阪府も吹田や寝屋川といった衛星都市はともかくとして大阪市の店舗となるとプレイシティNASA杉本町店でようやく復活したというレベルです。

 

「全国どこでも満遍なくスコアアタックが可能」というスタンスは問題ないと思いますが、人口比で言えば都市圏において集計店舗数が少なすぎるという弊害はあったように思います。

 

ただこの頃は特にメーカー系店舗において都市圏の店舗は一見さんを重視してゲームマニア排除に動いていたため、集計店としてアピールする必要がないどころかむしろ害悪とみなされ、反面郊外や地方の店舗は少ない人口から固定客を囲い込むためにゲームマニアにアピールする必要があった、という側面もありますが。

 

また、店舗情報として札幌そごう内ゲームスポット(北海道)、弘前ハイローザスペースランド(青森県)、及び既に掲載はストップしていますがゲームスペースサンデー(長崎県)の3店がナムコ系列店ということが確認されましたので、地図上の表記をナムコ系に改めております。

 

反面、同じ長崎市内の「ゲームキャロット住吉」は名前だけ見るとナムコ系の店舗にしか思えないのですが、そうではないことの確認が取れたのでそのままと致しております。

 

ただ、この3店をナムコ系とカウントしても、キャロット系店舗の大量離脱と23店の新規掲載にナムコ系は1店も含まれていない影響で、最大で29店を数えたナムコ系集計店も11月時点で14と半減。ナムコ店舗のゲームファンへのスタンスの変化が徐々に浮彫になってきたことが誌面から伺える結果となっています。

 

今回もトピックはお休みにします。