小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1985年11月号

マイコンベーシックマガジン1985年11月号(第4巻第11号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店巣数は109となり減少傾向が止まったように見えますが、先月は0だった休載表記が今月は13店も存在しており、スコアが掲載されている店舗は実質96店と寧ろ前月を下回っています。新規掲載店はありません。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210509180118j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180129j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180138j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180150j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180159j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180211j:plain

f:id:annaka-haruna:20210509180219j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン 1985年11月号より)

 

偶々今回のみ休載の店舗もありますが、休載全13店中9店が今回あるいは次回の掲載を最後に姿を消しています。これだけ多数の休載があるのは今号が最後で、以降1986年1月を最後に店舗欄の休載表記が使用されなくなります。

 

また、今回休載を最後に姿を消した店舗の中に兵庫県の「ゲームセンターシグマ」があります。

f:id:annaka-haruna:20210512215701p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年7月号より)

 

三木市志染町」という住所と「シグマ」という店舗名に覚えがあり確認した所、追ってゲーム基板を家庭で動作させるためのコントロールボックスを製造販売する「シグマ電子」と店舗の住所が一致しました。

f:id:annaka-haruna:20150908131108j:plain

 (ゲーメスト 1990年1月号より)

ゲーメスト誌上によく広告を出していたので、見覚えのある方も多いのではないかと思います。ただ広告上には「ゲームセンターシグマ」の案内が掲載されていた覚えがないため、ハイスコア集計店を運営していた時期があったことは意外でした。店舗運営からは比較的早く撤退をしていたのかもしれません。

 

トピック店舗ですが、札幌圏から離れて函館に場所を移します。

「函館キャロットハウス」を取り上げることにします。

f:id:annaka-haruna:20210509202157p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年9月号より)

f:id:annaka-haruna:20210509202426p:plain

f:id:annaka-haruna:20200922151906j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922151316j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922151330j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922151238j:plain

2020年9月22日撮影

 

函館市の中心街というと、函館駅付近や五稜郭地区が思いつくのですが、函館駅からバスで30分程の郊外に「美原地区」という環状道路に沿った商業集積地区があり、そこに店舗を構えていました。現在のイトーヨーカドー函館店と道路を挟んで向かいの場所となります。

 

函館市の観光スポットとはかけ離れた場所にあるため、観光のついでに立ち寄るのは難しい場所だったのではないかと思われます。かくいう私も幾度となく函館は訪れていますが、この場所まで足を運んだのは今回が初めてでした。

 

ベーシックマガジンへのスコア掲載は1984年8月からスタート。札幌、小樽についで道内では3番目の集計店所在地となりました。しかし1986年10月号で一度掲載がストップ。その後暫く未掲載期間が続きましたが1993年12月号に「プレイシティキャロット函館店」と店名を変え実に7年の期間をおいてスコア欄復活。しかし掲載は長くは続かず半年後の1994年5月号を最後に再度掲載がされなくなりました。地域のゲーマーから非常に愛されていた店舗だったようですが、ことスコア掲載となると時期により温度差があったのかもしれません。

 

閉店時期は不明です。建屋はその後別の店舗を経て現在は写真のように空きテナントとなっていますが、キャロットが存在した時からあまり外観には大きな手が加えられていないのではないかと思われます。