小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1985年12月号

マイコンベーシックマガジン1985年12月号(第4巻第12号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

総掲載店数は98と100を割り込んでしまいました。前月休載表記だった店舗の欄が設けられていないことが最大の要因ですが、掲載98店中ナムコ系が59店とほぼ2/3近くを占めているのに対し、一般オペレーター系の店舗は35しかなく、特に最も初期に掲載が開始された店舗はかなりの割合で1年程度で姿を消しています。

 

ベーマガスコア掲載開始時点から深く関係し、運営ノウハウ等も店舗間で水平展開されていたナムコロケはスコア掲載に関する管理もしっかりしていたと思いますが、インベーダーブームからそのまま続いていたようなゲームセンターが多かった時代、店舗ローカルでハイスコアを掲示するだけでなく雑誌に店舗名が載っているとなると、ノウハウを持っていない一般店舗では管理を継続することがまだ難しかったのかもしれません。

 

新規掲載店は1店あります。

 

・その他

ゲームコーナーアップル流通店(静岡県

f:id:annaka-haruna:20210516021652j:plain

マイコンベーシックマガジン 1985年12月号より)

 

現在でも静岡県下にて「アップル」のブランドでゲームセンターの営業が続いていますが、系列店がスコア集計店としてノミネートされていた時期がありました。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210516112033j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112051j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112101j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112113j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112123j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112133j:plain

f:id:annaka-haruna:20210516112142j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン 1985年12月号より)

 

休載表記は2店まで減少。そこまで休載が連続していた訳ではない豊橋市の「レジャーの広場U.F.O」ですが、先月今月と休載が続き今月でフェードアウトしてしまいました。

 

 トピック店舗へ移ります。

引き続き北海道の初期ナムコ系店舗より、鉄の街室蘭から「室蘭キャロットハウス」を取り上げます。

 f:id:annaka-haruna:20210321063508j:plain

マイコンベーシックマガジン 1985年5月号より)

f:id:annaka-haruna:20210516114828p:plain

f:id:annaka-haruna:20200922094258j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922094122j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922093957j:plain

2020年9月22日撮影

 

室蘭市の中心部は絵鞆半島部分のJR室蘭駅付近なのですが空洞化が激しく、むしろJR東室蘭駅が最寄りで室蘭の象徴でもある日本製鉄室蘭製鉄所にも近い中島町に大型商業施設や飲食店が固まっているエリアがあります。キャロットはこの中島町エリアに出店されていました。

 

メインストリートである中島中央通に面している写真の建屋の位置が該当します。現在は建て替えられた後のようで個人宅を兼ねた居酒屋となっていました。キャロット時代の建屋はガラス張りのいかにもゲームセンター然とした店舗だったとの情報を頂いています。

中島中央通は片側2車線と広く両側に歩道も整備された整然としたエリアで、店舗の裏手は大型のスーパー、またドン・キホーテも徒歩圏内にありますが、地図を見て頂ければお分かりいただけるように小規模の飲食店も密集しているエリアで、夜はまた違った一面があるのかもしれません。

 

ベーマガへのスコア掲載は1985年5月からスタート、北海道内に多数存在したナムコ系店舗が次々と集計店から脱落していく中、大きな休載期間も無く確認出来た範囲では1998年2月まで掲載を継続。北海道最後のナムコ系集計店としてその地位を守り続けました。少し離れてはいますが市内には室蘭工業大学もあり、学生の需要も多かったようなので立地が適切であったことが窺えます。閉店時期は不明です。

 

また本文とは関係ありませんが、東室蘭駅から中島町方面へ向かう通り沿いに写真の看板を発見しましたので記録としてアップします。

 f:id:annaka-haruna:20200922101601j:plain

f:id:annaka-haruna:20200922101618j:plain

2020年9月22日撮影

スナックの固まった「中央街」のサイン内に「サンゲーム」の文字があります。

昼間だったためかシャッターが降りており、サインの破損具合からこの「中央街通り」がまだ営業がされているのかも定かではありませんが、スナック街の中にゲームセンターが混じって営業されていたことがあったようです。最も我々が想像しているようなゲームセンターではなかった可能性が高いと思われますが…