小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1986年3月号

マイコンベーシックマガジン1986年3月号(第5巻第3号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は誌面ページ数の上限である114店まで回復しました。

新規掲載店は12店を数え、2月号で告知した新規掲載希望店舗へのインフォメーションの効果が現れることになります。

 

ナムコ

プレイシティキャロット田町店(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210608143442j:plain

プレイシティキャロット甲府中央店(山梨県

f:id:annaka-haruna:20210608143443j:plain

 

・その他

ゲームプラザNTK恵庭店(北海道)

f:id:annaka-haruna:20210608143444j:plain

セントラルゲーム・ラッキー(千葉県)

f:id:annaka-haruna:20210608143445j:plain

ゲームセンタートロン(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210608143446j:plain

サンシャインゲームセンター(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210608143447j:plain

ゲーム中央プラザ(東京都)

f:id:annaka-haruna:20210608143448j:plain

プレイ・アイシー鶴巻店(神奈川県)

f:id:annaka-haruna:20210608143449j:plain

モンテカルロ山科店(京都府

f:id:annaka-haruna:20210608143450j:plain

ゲームセンターNASA大阪府

f:id:annaka-haruna:20210608143451j:plain

ビデオインシャトー(大阪府

f:id:annaka-haruna:20210608143452j:plain

TVプレイハウスミッキーハウス(岡山県

f:id:annaka-haruna:20210608143453j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1986年3月号より)

 

「プレイシティキャロット田町店」が掲載開始され、80年台後半にベーマガ誌上を振るわせた東京都内のキャロット系集計店は全て誌面に登場したのではないかと思います。裏を返せばここから先は縮小を辿っていくことになる訳ですが…

また甲府市の「プレイシティキャロット甲府中央店」が登場。市内に3件のキャロットがひしめき合うことになります。ゲーメストでは3店合同集計となっていましたが、ベーマガでは店舗別に集計がされていました。

 

また、岡山県初のベーマガ集計店となった「TVプレイハウスミッキーハウス」。

初回掲載では「ミッキーマウス」となっていますが、次号から訂正されているため訂正後の名称を正規として扱います。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210608235342j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235353j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235403j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235412j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235421j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235430j:plain

f:id:annaka-haruna:20210608235439j:plain

(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1986年3月号より)

 

先月に変更になった各店舗欄の装丁ですが、不評だったのか今月で再度変更となり、以後はこの装丁がコーナー終了まで継続することとなります。

 

また、誌面が限られる中で新規掲載が増えれば当然掲載終了店舗も増加します。

今月を最後に以下の店舗が姿を消しました。

 

・ビッグキャロット新橋(東京都)

・プレイシティキャロット黒崎店(福岡県)

・サンレジャー荒川沖店(茨城県

 

この頃からナムコ系ロケーションからも徐々に掲載終了店が発生するようになってきました。

北九州市の黒崎キャロットは掲載期間内は非常にレベルの高いスコアを輩出していましたが、店舗の建物改築により閉店になったとの情報を頂いています。

 

また、山形キャロットハウス(山形県)及びネットワークインタイトー岩手県)の両店も今月で一度誌面から姿を消しますが、追って再度掲載されるに至ります。

 

そして今月のトピック店舗。

ハイスコア黎明期の東京都内キャロット系店舗から引き続き、「東久留米キャロットハウス」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20210609135952p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年3月号より) f:id:annaka-haruna:20210613015057p:plain

f:id:annaka-haruna:20210605143239j:plain

f:id:annaka-haruna:20210605142643j:plain

f:id:annaka-haruna:20210605142623j:plain

f:id:annaka-haruna:20210605142739j:plain

2021年6月5日撮影

 

池袋駅から西武池袋線で約30分、埼玉県にも程近い東久留米市の中心、東久留米駅から徒歩5分程度、写真の第一ビル1階が跡地になります。線路に面しているため現役時代は電車から店舗の姿が拝めたのではないでしょうか。

 

西武線沿線においては、山手線連絡駅でもある新宿や高田馬場を除いて最初にベーシックマガジンハイスコア欄に掲載されました。その後は同じ西武池袋線椎名町や、西武新宿線花小金井にもキャロットが誕生し、新宿や高田馬場、そしてエリアが比較的近い西荻窪まで含めて東京都の城西~多摩地区全体がゲーマーの生息地として現在に至るまで続いていくきっかけになったと思います。

 

東京都内のキャロット系店舗は、巣鴨以外はゲーメストへの掲載履歴が無いのですが、ここ東久留米はゲーメスト創刊号に一度だけスコアが掲載されたことがあります。

f:id:annaka-haruna:20210609155723p:plain

ゲーメスト 1986年5月号より)

スコア欄を横切る線は落書きや汚れではなく、概略位置を示した日本地図上に繋がっているためこの形で誌面に掲載されているものです。

しかしゲーメストへの掲載はこの時限りで、1986年9月号以降のゲーメスト「めざせハイスコア」欄には登場しませんでした。結局1984年3月からのベーマガへの掲載だけが継続、1991年10月号まで掲載の継続を確認しています。閉店時期は不明です。