小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1986年7月号

マイコンベーシックマガジン1986年7月号(第5巻第7号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

今号最大の特徴は掲載店数。

123店の掲載があり、これまでのページ枠内で上限となっていた114店を初めて上回りました。それに伴い、通常7ページの枠に対して7.5ページがスコア欄に割り当てられています。

 

新規掲載店は1店のみなのですが、ちょっと扱いが難しい店舗です。

 

セガ

セガパソピアードイセザキ店(神奈川県)

f:id:annaka-haruna:20210727122438j:plain

 (画像はマイコンベーシックマガジン1986年7月号より)

横浜市の繁華街である伊勢佐木町セガ系店舗は、1984年7月号から「ビデオインイセザキ」が掲載されており、「パソピアードイセザキ」へ店名は変わりつつも住所は「横浜市中区伊勢佐木町2-11-11」となっています。(こちらを便宜上A店とします。)

しかし今回掲載された「セガパソピアードイセザキ店」は住所が「横浜市中区伊勢佐木町2-18-2」と異なっており、また「パソピアードイセザキ」も上記住所にて別にスコア欄が存在することから、これだけで判断すると店舗が2店存在することになります。(今回から掲載された方はB店とします。)

 

しかし住所は異なるもののほぼ隣接した場所となっており電話番号は共通。またスコアの内容も怒やロボレス2001等一部が同一スコア、同一プレイヤーとなっているため、別々の店舗だったのか疑わしい部分があります。

 

この状況は翌1986年8月号も続き、今度は両店でスコアは全く異なっているものの、A店の店名が「セガパソピアードイセザキ」となり、A,B両店名にほぼ差異が無くなってしまいます。

 

比較のため、1986年7,8月号の両店スコア欄を並べてみます。

【1986年7月号 (画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1986年7月号より)】

f:id:annaka-haruna:20210727122439j:plain

セガパソピアードイセザキ店:伊勢佐木町2-18-2

f:id:annaka-haruna:20210727122440j:plain

パソピアード イセザキ:伊勢佐木町2-11-1

 

【1986年8月号(画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1986年8月号より)】

f:id:annaka-haruna:20210804131602j:plain

セガパソピアードイセザキ店:伊勢佐木町2-18-2

f:id:annaka-haruna:20210804131603j:plain

セガパソピアード イセザキ:伊勢佐木町2-11-1

 

この状況は結局この2ヵ月だけとなり、以後は元々存在したビデオインイセザキ由来のA店、伊勢佐木町2-11-1のみが継続掲載されています。

同一もしくは隣接した建屋で、店内で遊んでいる分には1つの店舗にしか見えないのに風俗営業許可証が複数存在しており、名義上は複数の店舗となっていたような店舗が稀に存在していたようですが、ここもそのような営業形態だったのかは気になる所です。

以下スコア欄となります。 

f:id:annaka-haruna:20210727213029j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213040j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213050j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213059j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213108j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213129j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213140j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727213150j:plain

  (画像はいずれもマイコンベーシックマガジン1986年7月号より)

 

冒頭で説明した通り、所定の7ページでは店舗欄が収まりきらず、20ページ近く離れた場所に9店分の欄が設けられています。

過去に掲載履歴のある店舗からの集計用紙送付が偶々重なってしまったのかもしれませんが、無理矢理誌面を確保したという印象が拭えず、離れたページに掲載された店舗は正直多少の疎外感はあったかもしれません。

 

続いてトピック店舗となります。

東京都下のナムコ系店舗は、これまで主に中央線より北側の城西地区を取り上げて来ましたが、中央線の南側である城西~城南地区にも広く店舗が展開されていました。

その中からまずは京王線の沿線に存在した「プレイシティキャロット烏山店」から取り上げることにします。

f:id:annaka-haruna:20210807230457p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年9月号より)

f:id:annaka-haruna:20210807230540p:plain

f:id:annaka-haruna:20210711130812j:plain

f:id:annaka-haruna:20210711130150j:plain

f:id:annaka-haruna:20210711131038j:plain

2021年7月11日撮影

京王線で新宿から15分程度、世田谷区の北端に位置する千歳烏山駅北口の目の前が該当する場所となります。ベーマガオリジナルの26店に名を連ねていないのですが、アミューズメントライフ誌に初めてスコア欄が掲載された1983年4月号に店舗欄があるため、オープン及び店舗でのスコア集計はベーマガ掲載以前から行われていたことが確認出来ます。

 

f:id:annaka-haruna:20210808093500p:plain

ゼンリン住宅地図 世田谷区1985年より)

住所の「駅前中央ビル」は写真の建物が該当します。

上記1985年の住宅地図では同一住所に「中央駅前ビル」の存在が確認出来ますが、テナントの中にはキャロットの表記はありません。1985年当時には店舗が存在していたことは間違いなく、恐らく現在の「肉汁餃子製作所」の場所が該当するのではないかと思います。

 

80年台が最も活気のあった東京郊外のナムコ系キャロット店舗の風情で、付近のゲームファンが集まる地域密着型店舗だった印象ですが、90年台に入る頃には近隣キャロットと同様に徐々にスコア欄が寂しくなっていき、対戦ブームが始まったあたりの1991年10月号が最後の誌面掲載となっています。

店舗の営業はその後も継続しており、2000年8月号のナムコ広報誌NOURSの「全国ナムコ店舗ガイド 東京編」に店舗写真が掲載されています。閉店時期は不明です。

 f:id:annaka-haruna:20210807225538j:plain

(NOURSバックナンバー No.29 2000年8月号「全国ナムコ店舗ガイド 東京編」より)

余談ですが、プレイシティキャロットの跡地から京王線の線路を挟んだほぼ向かいの場所に「キャロットハウス」という総菜屋さんがあるようです。

tabelog.com

全くもって無関係だとは思いますが、名前と場所があまりにも出来すぎている気もするため取り上げてみました。