小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1986年11月号

マイコンベーシックマガジン1986年11月号(第5巻第11号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店数は3か月振りに上限の114店へ戻しました。

新規掲載店は3件あります。

 

ナムコ

秋田キャロットハウス(秋田県

f:id:annaka-haruna:20210828024518j:plain

 

・その他

ゲームセンターヤマト(長野県)

f:id:annaka-haruna:20210828024520j:plain

ヤングパレスゲームセンター(沖縄県

f:id:annaka-haruna:20210828024521j:plain

(画像はマイコンベーシックマガジン1986年11月号より)

 

ナムコ系店舗は4月号の西野、水戸、上福岡以来久し振りの店舗追加となりました。同時に秋田県最初のハイスコア集計店登録となっています。

そして初めてと言えば遂に沖縄県に集計店が登場。これでこれまでのベーマガ誌上で1軒も掲載店の履歴が無い県は6県となりました。(福島、奈良、鳥取、島根、山口、徳島)

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20210828114947j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828114956j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828115004j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828115013j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828115022j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828115031j:plain

f:id:annaka-haruna:20210828115041j:plain

(画像はマイコンベーシックマガジン1986年11月号より)

 

今月で集計店から姿を消す店舗に、大阪駅前の「プレイシティキャロット第4ビル店」があります。

店舗は2008年まで営業していたようですが、スコア掲載は思いのほか早く終了していました。大阪駅前ビル群には当時セガ系の「ロイヤル」2店もスコアを掲載していましたがいずれも1年程度で姿を消しており、以後ゲームセンターがひしめき合っていた第1~第4ビル内では、ゲーメスト2部でキャロットの掲載が復活するまでハイスコア集計店は誕生していません。サラリーマンが主体のオフィス街店舗では集客策としてスコア集計を行う意義が乏しかったのかもしれません。

 

続いてトピック店舗です。

五反田のランドマーク、TOCビル内にあった「ビッグキャロットTOC店→プレイシティキャロットTOC店」を取り上げます。

f:id:annaka-haruna:20210318125933j:plain

マイコンベーシックマガジン1985年3月号より)

f:id:annaka-haruna:20210828130653p:plain

f:id:annaka-haruna:20210823152940j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823153335j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823153345j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823153540j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823153709j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823153757j:plain

2021年8月23日撮影

 

山手線五反田駅から第二京浜国道1号)を歩くこと10分程度の場所に、卸売業者が集まった施設である東京卸売センター(TOC)ビルがあります。

このTOCビルの地下1階には飲食店や小売業者が集積しているのですが、その中にゲームセンターとしてナムコのキャロットが存在していました。 

 

f:id:annaka-haruna:20210829174257p:plain

ゼンリン住宅地図 品川区1987年より)

ベーシックマガジンへの掲載開始は当時の東京都内のキャロットにしては後発の1985年3月。オープンは1973年とのことでインベーダーブームよりも遥か前となり非常に歴史ある店舗なのですが、卸売業者専門のビル内という特殊な環境のためか、五反田に本社を構える電波新聞社から最も近い場所であったにも関わらず、チャレンジハイスコアのスタートからハイスコア集計店として登録されるまでに1年以上を要していました。

 

スコアの掲載は1993年5月号が確認された時点では最後となります。

当初は東京の特に城南地区のスコアラーに支持を得ていたようですが、90年台に入る頃に徐々に勢いが落ち、最後は寂しいスコア欄となっていたのは東京周辺の他のキャロットと同様でした。

f:id:annaka-haruna:20210807225540j:plain

(NOURSバックナンバー No.29 2000年8月号「全国ナムコ店舗ガイド 東京編」より) 

こちらもスコア掲載終了後も営業は継続しており、2000年のナムコ店舗ガイドにも掲載されています。この時点で30年近く営業が続いていたことになります。

 

私は勤務先の都合で2013~2014年の1年程度TOCに通勤していた時期があるのですが、その際にはキャロットは既に撤退していたものの地下1階にゲームコーナーが営業しており、ミスタードリラーのホリススムの装飾が施してあったことからキャロット撤退後に居抜きで別の業者が営業を続けていたようです。

結局その居抜き店舗も2014年頃には閉店し、シャッターが降りたままとなっていました。末期はプライズ機とパチスロ機程度しか設置されていなかったと思います。

www.interior-plus.jp

2013年当時のTOC地下1階テナント案内図が映ったサイトがありました。

キャロットの位置に「ゲームファンタジー」という店舗の存在が確認出来ます。

現在は文具店となっていますが、ゲームファンタジー閉店後に新たにテナントとしてこの場所へ入居したのではないかと思われます。

 

そしてTOCビルそのものも1970年の竣工から既に50年以上を経過し、かねてから耐震性に問題があることを指摘されていましたが、2023年に解体され、2027年に新TOCビルとして竣工することが決定したようです。ニュー新橋ビル共々、古くからの地域のランドマークも着々と再開発が進行し、この建物を拝める時間もあと2年程度に迫っています。