小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1987年9月号

マイコンベーシックマガジン1987年9月号(第6巻第9号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は104となり先月比+1店。

新規店は2店あります。

 

タイトー

ウィルトークタイトー山口店(山口県

f:id:annaka-haruna:20211031034808j:plain

 

・その他

エスタンウッド(北海道)

f:id:annaka-haruna:20211031034809j:plain

マイコンベーシックマガジン 1987年9月号より)

 

空白地だった山口県の集計店が初めて登場しました。

ゲーメストでは1986年9月号の時点で山口県の掲載店が登場していましたが、1987年8月号にて「キャンパスタイトー」が一旦姿を消しているため(1989年5月号に単発再掲載)、入れ替わりで登場したような形となっているのが興味深いです。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20211031125215j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125224j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125235j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125242j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125257j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125312j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125323j:plain

f:id:annaka-haruna:20211031125331j:plain

マイコンベーシックマガジン 1987年9月号より)

 

今回のスコア欄最大の変化は、店舗通信欄「チャレハイ通信」の登場。

これまでも欄外に通信欄があったことはありましたが、店舗のPRや交流を目的としてこの号からレギュラー化することになります。テキストだけとはいえ当時の店舗環境が伝わってくる貴重な資料とも言えます。

掲載店舗数の増減によるページの空白を避けるためのコーナーだったのかもしれませんが結果的には定着し、ゲーメストへも「ハイスコア通信」というコーナーにて同様の展開がされていくことになります。

 

ちなみにこの「チャレハイ通信」ですが、店舗が絡んだミニコミ誌のPRや頒布にも利用されたため、時折頒布元の個人住所や氏名が掲載されていたことがあります。

これについては現在でもその住所に本人が在住されている可能性が0ではないため、今後確認された際は該当欄は伏せることとします。

 

続いてトピック店舗となります。

 

東京都内の集計店はベーマガ初期に多数存在したナムコ系キャロットを一通り紹介していますが、ナムコ系以外の初期都内掲載店舗を順次取り上げたいと思います。

まずは世田谷区の「プレイタウンユー&ユー 駒沢店/三軒茶屋店」から。

 

・プレイタウンユー&ユー駒沢店

f:id:annaka-haruna:20211103210109p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年5月号より)

f:id:annaka-haruna:20211103210315p:plain

f:id:annaka-haruna:20210823142448j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823142200j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823141839j:plain

f:id:annaka-haruna:20210823142258j:plain

2021年8月23日撮影

 

・プレイタウンユー&ユー三軒茶屋

f:id:annaka-haruna:20211103210119p:plain

 (スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年5月号より)

f:id:annaka-haruna:20211103210329p:plain

f:id:annaka-haruna:20211002162801j:plain

f:id:annaka-haruna:20211002161959j:plain

f:id:annaka-haruna:20211002162141j:plain

2021年10月2日撮影

 

2店ともジャレコの直営店舗となります。ベーシックマガジン1984年5月号にて、ナムコ系ゲームセンター以外で初めての誌面掲載となりました。

 

ジャレコの本社は世田谷区の用賀にあり、その影響か特に東京の城南地区に直営店をいくつか構えており、用賀と同じ東急新玉川線(現在は田園都市線)の三軒茶屋駒沢大学が最寄りの両店が最初に掲載店として選定されたと推測されます。以後時期や場所は異なるもののいくつかのジャレコ系店舗がスコア欄に名乗りを上げています。

 

f:id:annaka-haruna:20211103215728p:plain

ゼンリン住宅地図 世田谷区1985年より)

駒沢店は駒沢大学駅が最寄ですが、駅を出て直ぐの場所にあったキャロットとは異なり、駒澤大学校舎に近い駒沢公園通りに面していました。そのため駅付近の喧騒からは遠いのですが、学生が授業の合間で来店するにはこちらの方が都合が良かったのかもしれません。掲載は1986年5月までと約2年の短期間でした。

写真のカーブスのある建物の住所が一致しますが、当時の住宅地図を確認すると「Yan&Yon」といういかにもな表記があり「You&You」の表記ミスであろうと思われます。

 

f:id:annaka-haruna:20211103215801p:plain

ゼンリン住宅地図 世田谷区1985年より)

一方の三軒茶屋店は駅から国道246号を下った場所から横へ逸れる商店街内にあり、駅からは少々離れているものの現在でも人通りは非常に多い場所です。

現在の1階が牛角の建物で間違いないのですが、1階を飲食店にする際に厨房からの排気用ダクトが建物外側に取り付けられたような印象で、当時と建物の外観が大きく変わっているのではないかと想像されます。

こちらは駒沢店よりは長く1987年10月まで掲載が継続しました。駒沢・三軒茶屋共に営業がいつまで続いていたのかは判明しませんでした。