小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1988年1月号

マイコンベーシックマガジン1988年1月号(第7巻第1号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

総店舗数は104となり前月比+3。3か月振りに2店の新規掲載店が登場しました。

 

・その他

ゲームコーナーマカオ(長野県)

f:id:annaka-haruna:20211212012416j:plain

 

モンキーハウス本館(福岡県)

f:id:annaka-haruna:20211212012417j:plain

マイコンベーシックマガジン 1988年1月号より)

 

福岡の有名店「モンキーハウス本館」はこの号から掲載がスタート。ゲーメストの掲載は1988年3月号からのためこちらの方が若干早くなっています。掲載開始に当たってチャレハイ通信に編集部のコメントが入る位に当時から知られた存在だったようです。

そしてもう1店である長野市の「ゲームコーナーマカオ」、こちらも古のスコアラー界隈にとって別の意味で有名なお店なのですが、当時のスコアや噂の真贋を問うことはこのブログの主旨ではないためこれ以上は触れることはしません。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20211212103536j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103544j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103609j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103621j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103629j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103643j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103655j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103740j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103748j:plain

f:id:annaka-haruna:20211212103756j:plain

マイコンベーシックマガジン 1988年1月号より)

 

年が1988年へと変わり、1987年の「チャレンジ・ハイスコア年間(ベストゲーム)集計」の結果が掲載されています。

改めて1987年の登場タイトルを見るとセガ体感ゲームの全盛期であったことが窺えます。ドラゴンスピリットや横スクロールシューティング御三家のR-TYPEが登場した年でもあり順当にランキングに上がっていますが、当時のセガ体感ゲームインパクトは他のゲームタイトルを凌駕していたことは疑いありません。

 

トピック店舗へ移ります。

先月に引き続き東京都内の初期メーカー系列外店舗から、「ゲームセンターUFO」「ゲームプラザ荏原」の2店を取り上げます。

 

・ゲームセンターUFO

f:id:annaka-haruna:20211212173748p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年9月号より)

f:id:annaka-haruna:20211212173932p:plain

f:id:annaka-haruna:20211016160841j:plain

f:id:annaka-haruna:20211016160950j:plain

f:id:annaka-haruna:20211016160905j:plain

f:id:annaka-haruna:20211016160729j:plain

2021年10月16日撮影

 

・ゲームプラザ荏原店

f:id:annaka-haruna:20211212173828p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年10月号より)

f:id:annaka-haruna:20211212174450p:plain

f:id:annaka-haruna:20211113120014j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113120218j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113115748j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113120335j:plain

2021年11月13日撮影

 

両店舗共に1984年8月号にて初めて店舗欄が誌面に登場しましたが、ゲームプラザ荏原店は8,9月号共に休載表記だったため、実質は10月号が初回のスコア掲載となっています。

そして双方とも掲載期間としては非常に短期間でした。

 

「ゲームセンターUFO」はJR埼京線(当時は赤羽線板橋駅が最寄で、駅を発車した電車が最初に交差する踏切である旧中山道沿いにありました。

建物低層商業部は半地下及び中二階の構造となっており、半地下部分が現在はカラオケ店となっています。シャッター越しに見える店舗看板がいかにも昔のゲームセンター然としています。

f:id:annaka-haruna:20211212180800p:plain

ゼンリン住宅地図 板橋区1984年より)

当時の住宅地図では「1F インベーダー」と表記されています。インベーダーブームの余波と、UFOといういかにもインベーダーを想起させる店舗名称のためこのような表記になってしまったようです。

スコアの掲載は1985年2月が最後となり、その後3~5月まで休載表記が続いた後に誌面から姿を消しました。スコア欄を見ると著名プレイヤー来店の形跡もあるのですが、巣鴨キャロットがオープンするとこちらへ来店する動機が少なくなったのではないかと思われます。

 

そしてもう一方の「ゲームプラザ荏原店」ですが、名称が追って登場する都内の有名店「荏原ゲームコーナー」と類似しているものの、全く別の店舗となります。

f:id:annaka-haruna:20211212203933p:plain

ゼンリン住宅地図 品川区1984年より)

最寄り駅は東急大井町線荏原町駅で、荏原ゲームコーナーのある旗の台の隣となりますが、両駅間の距離は1㎞も無いため、歩いても10分程度です。

こちらの住所は誌面では「中延5-2-6」となっていますが、当時の住宅地図を確認すると駅前にある小規模な商店が林立した路地を示します。

この区画は再開発されており、低層階が商業施設になっているマンションとなっています。1984年の地図にもある寿司店がビル1階で営業を継続しており区画としては間違いないのですが、当時の区画内にはゲームセンターと思しき店舗が確認出来ません。道路を挟んで向かいに「アポロゲームセンター」という店舗が確認出来ますが、住所が明らかに異なっています。

 

そこで気になるのが、マンション隣に立っている「セントラル会館」という建屋です。

f:id:annaka-haruna:20211113115320j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113121324j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113115009j:plain

f:id:annaka-haruna:20211113114954j:plain

2021年11月13日撮影

 

1階に100円ショップのダイソーが入店しているのですが、建物自体は相当年季が入っており1984年の地図でも確認出来ます。つまりベーマガ掲載時点で既に存在していたことになります。

そして気になるのがビル看板の「レジャーと御食事 エバラ セントラル会館」の文字。

「レジャー」と謳う業種と言えばパチンコ店が真っ先に思いつきますが、パチンコ店としては少々フロアが手狭です。また不動産業を営んでいることが看板社名から確認出来るため、レジャー産業且つ不動産業としてゲームセンターを営んでいた可能性は充分想像できます。

そして建物住所が「中延5-2-7」と末尾のみの違いであることから、実はベーマガ記載の住所が誤っておりセントラル会館に「ゲームプラザ荏原店」が存在していたのでは?と予想しているのですが、誌面掲載期間が1984年8月から1985年2月(84年8,9月、85年2月は休載)と短く且つその期間で住所の変更もなされていないため、どちらが正しい場所なのがこのエントリーの時点では確認が取れていません。

情報をお持ちであれば是非ともコメントをお寄せいただきたくお願い申し上げます。