小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1988年8月号

マイコンベーシックマガジン1988年8月号(第7巻第8号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店数は110で先月比+3。3か月連続の増加となり1987年4月号以来の110を回復、最盛期に近い数字まで戻して来ました。新規掲載も4店あります。

 

セガ

ハイテクセガ豊川店(愛知県)

f:id:annaka-haruna:20220128234651j:plain

ハイテクセガ神戸店(兵庫県

f:id:annaka-haruna:20220128234702j:plain

ハイテクセガ大牟田店(福岡県)

f:id:annaka-haruna:20220128234714j:plain

 

・その他

ゲームランド花丘(長崎県

f:id:annaka-haruna:20220128234732j:plain

マイコンベーシックマガジン 1988年8月号より)

 

セガ系店舗が3店一気に新規掲載されているのが目立ちます。

現在も僅かに残っている(この記事執筆時点でセガは店舗運営から撤退したので、直に消滅すると思われます)ハイテクセガの店舗名称は1980年台後半から使われるようになりました。ナムコが「キャロット」の名称で統一していたのとは対照的にセガタイトーは店舗名がまちまちでしたが、ナムコに追従するような形てセガは「ハイテク(ランド)セガ」、タイトーは「ウィルトーク」のブランドで店舗展開を行うようになります。

合わせて大都市郊外や地方都市への出店が行われており、神戸は別ですが豊川や大牟田と言った県庁所在地ではない場所や郊外の駅前等にセガタイトーの直営店舗が多数展開された時期でもあります。都心部とは違って集客が容易ではないことからこの時期はまだゲームマニアに寛容な店舗も多く、1980年台前半のキャロット全盛期に対して80年台後半はセガタイトー系店舗をホームにしていたスコアラーも結構多かったのではないかと思います。裏を返せばそれだけナムコの勢いが落ちていたということですが…

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20220126190124j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190132j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190140j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190149j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190158j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190212j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190221j:plain

f:id:annaka-haruna:20220126190229j:plain

マイコンベーシックマガジン 1988年8月号より)

 

掲載店数が増加したことで、チャレハイ通信欄がレギュラーとなった1987年9月以降初めて18店まるまる店舗欄で埋められたページが現れました。

 

また、セガ系以外で唯一今月から掲載が開始された長崎市の「ゲームランド花丘」、チャレハイ通信欄に「スコアラーのみんなも大喜び」とあります。

待望の掲載店デビューと思しきコメントですが、地図を見てもらうと判るように近隣に別の掲載店が2店も存在しており、スコアを申請できる環境は充分にあったと思います。ただその2店のスコア履歴はまるでチャレンジハイスコア開始当初のスコア欄の如く頑なに本名記載となっており、スコアネームが既に浸透していたこの時期においては寧ろスコアラーに敬遠されていたのではないかと想像されます。

 

続いてトピック店舗です。

東京都内の初期ベーマガ掲載店では貴重な城北地区の掲載店となる足立区の「サンシャインゲームセンター」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20220129000002j:plain

マイコンベーシックマガジン 1986年3月号より)

f:id:annaka-haruna:20220129001024p:plain

f:id:annaka-haruna:20211023114306j:plain

f:id:annaka-haruna:20211023114357j:plain

f:id:annaka-haruna:20211023113901j:plain

f:id:annaka-haruna:20211023113942j:plain

2021年10月23日撮影

 

東武伊勢崎線、及び大師線西新井駅が最寄となります。駅前ロータリーを抜けて直ぐの場所にある写真の「伏見ビル」1階が店舗跡地となります。

 

1986年の住宅地図を見ると道路配置は大きく変わっていませんが、店舗前の道を挟んで向かい側の敷地は当時は日清紡西新井工場となっており、現在は工場跡地が再開発されショッピングモールへと変貌しています。

f:id:annaka-haruna:20220202224423p:plain

ゼンリン住宅地図 東京都足立区1986年より)

 

先に述べたように東京都の城北、城東区域は城西や城南と比べてキャロットが稀少だったこともあり掲載店舗数が少なく、掲載されても短期間で姿を消していた店舗が多い中、1986年3月の掲載開始から1991年9月と比較的長期に渡って掲載が継続しました。スコアラーの集まりも良く近隣だけでなく東武線沿線を中心とした埼玉県方面からの来店もあったようで、レベルの高いスコアが度々登場しています。

 

また、ゲーメストへは創刊号に店舗欄が存在していました。

f:id:annaka-haruna:20220202224457p:plain

ゲーメスト 1986年5月号より)

 

しかしゲーメストへの掲載はこの一度きりとなりました。次回の店舗別スコア欄が現れるのが4か月後である9月号となった影響か創刊号だけの掲載となった店舗は多く、ここもその一つとなっています。

また括弧書き店舗名の「ゲームブティックサンシャイン」は、当時有名だった「ゲームブティック高田馬場」をリスペクトして付けられたとの話を伺っていますが、ベーマガ誌面ではこの名称は一度も現れませんでした。かつてはゲームグッズの店舗販売を行っていた時もあったようで、全盛期のナムコ直営店のような店舗を目指していた姿勢を垣間見ることが出来ます。