小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1988年12月号

マイコンベーシックマガジン1988年12月号(第7巻第12号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は102と先月比-2で2ヵ月連続の減少となりました。今月も新規掲載店はありませんが、1986年10月号に単発で掲載された新潟県の「ビデイオンセガ万代店」が2年以上の間を空けて復活掲載されています。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20220228214311j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214321j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214333j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214342j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214355j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214422j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214659j:plain

f:id:annaka-haruna:20220228214448j:plain

マイコンベーシックマガジン 1988年12月号より)

 

この頃に発売されたタイトーの「サイバリオン」、斬新なゲームシステム、トラックボールを使用した独特の操作、高解像度モニター使用、そしてプレイヤーの操作や技量等によっても変化するシナリオやマルチエンディング採用と当時はかなりプレイヤーの期待値が高かった一作です。

 

しかし今月のプレイシティキャロット巣鴨店のコメントにもありますがナムコは全国で導入された店舗がたったの2店、セガ系店舗でも私の知る範囲では見掛けたことがありませんでした。結果としてタイトー系の店舗稼働が中心となるのですが、その流通度の低さ故に期待度の高さの割にはヒットしたとは決して言い難いタイトルとなってしまったと思われます。

 

そして流通度が悪かったことがもたらした別の影響として、特にナムコ系店舗において「プレイヤーの間で期待度の高い新作が直営店に殆ど入荷しない」という印象が特にこのゲームをきっかけとして付いてしまった感があります。それは既に一部店舗で始まっていたゲームマニア排除の店舗方針と合わせ、徐々にナムコ系店舗からプレイヤーが離れていくことに繋がっていく一因となったのではないかと考えます。

 

続いてトピック店舗です。

横浜市中心部のセガ系店舗から「ビデオインイセザキ」及び「パソピック」の2店をピックアップします。

 

・ビデイオンイセザキ

f:id:annaka-haruna:20220228221418p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年7月号より)

f:id:annaka-haruna:20220228221504p:plain

f:id:annaka-haruna:20220212133543j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212133219j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212133257j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212133145j:plain

2022年2月12日撮影

 

・パソピック

f:id:annaka-haruna:20220228221435p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年7月号より)

f:id:annaka-haruna:20220321181512p:plain

f:id:annaka-haruna:20220212130742j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212130926j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212131203j:plain

f:id:annaka-haruna:20220212130646j:plain

2022年2月12日撮影

 

前回は横浜伊勢佐木町ナムコロケーションを取り上げましたが、今回はセガロケーションとなります。関内駅を挟んで伊勢佐木町側と、反対方向の馬車道にそれぞれ立地していたのが今回取り上げる「ビデオインイセザキ」「パソピック」の両店です。

 

「ビデオインイセザキ」はプレイシティキャロット伊勢佐木町店同様、関内駅から伸びるイセザキモール付近に立地しましたが、モールには直接面しておらず路地を少々入った場所にありました。

店舗の住所を当時の住宅地図で確認すると、「日晴ビル」の場所が該当します。ビルテナント一覧は記載されていませんでした。

f:id:annaka-haruna:20220302214950p:plain

ゼンリン住宅地図 横浜市中区1985年より)

 

こちらの場所は現在更地となり写真のコインパークとなっています。

ハイスコアの誌面掲載はベーマガ1984年7月号からスタート、コンスタントに1985年9月号までは掲載が続いたもののその後は不定期となり、1987年4月号が最後の掲載となっています。ゲーメストへの掲載履歴はありませんが、同誌の横浜シールハイクの回に取り上げられており当時の店舗外観一部が確認出来ます。

f:id:annaka-haruna:20220308204510j:plain

ゲーメスト 1987年1月号より)

 

ゲーメストでは「パソピアード伊勢佐木」として紹介されていますが、ベーマガ誌上では1986年5月から「パソピアードイセザキ」の表記となり、同8月号からは「セガパソピアードイセザキ」へと店名が推移しています。

 

また、1986年7,8月号の2号のみ、当初からの住所である「伊勢佐木町2-11-11」とは別に「伊勢佐木町2-18-2」という住所で2店分の欄が記載されています。この点については弊ブログの「ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1986年7月号」にも記載していますので、当時のスコア欄を再掲します。

 

f:id:annaka-haruna:20210727122441j:plain

f:id:annaka-haruna:20210727122442j:plain

マイコンベーシックマガジン 1986年7月号より)

f:id:annaka-haruna:20210804131604j:plain

f:id:annaka-haruna:20210804131605j:plain

マイコンベーシックマガジン 1986年8月号より)

 

ちなみに「伊勢佐木町2-18-2」という住所は当時の住宅地図上では確認が出来ず、また現在のGoogleMapでも該当場所が存在しません。そのため弊ブログにおいては同一店舗として扱いますが、何か情報をお持ちの方は是非ともお寄せ願います。

 

一方の「パソピック」は関内駅を挟んでイセザキモールとは反対方向の馬車道沿いに立地していました。写真の「ニューイナズマビル」1階に存在したことが当時の住宅地図でも確認されています。

f:id:annaka-haruna:20220302215008p:plain

f:id:annaka-haruna:20220302215015p:plain

ゼンリン住宅地図 横浜市中区1985年より)

「ニューイナズマビル」と、それに隣接する「アートビル」は外観では一つの建物にしか見えないのですが、名義は別になっているようで4枚目写真のようにビル名称の銘板が2枚並んでいます。「パソピック」はニューイナズマビル側の1.2階で、1階は現在ファミリーマート、2階は飲食店になっています。

 

こちらもビデオインイセザキ同様、ゲーメストにおいてはスコア欄は掲載されませんでしたが横浜シールハイクにて店舗が取り上げられています。

f:id:annaka-haruna:20220308204524j:plain

ゲーメスト 1987年1月号より)

商店街である伊勢佐木町側と比較すると、馬車道側はオフィス街となっており客層も大きく異なっていたようです。

また「パソコンのショールーム」である旨が記事中にあり、且つ住宅地図でも2階が「セガパソピックショールーム」と記載されているため、2階フロアがショールームとして使用されていたことは間違いないようです。

パソコンショールームとのことですが、時期的に考えるとこの辺を展示していたのでしょうか…

sega.jp

こちらのスコア欄掲載はビデオインイセザキよりも早く1985年11月で終了しています。閉店時期は判明していません。