小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1989年3月号

マイコンベーシックマガジン1989年3月号(第8巻第3号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は106店で先月比+2。新規掲載は2店が確認されています。

 

・その他

ガリバー(千葉県)

f:id:annaka-haruna:20220330220715j:plain

 

ゲームセンターセントラル永福町店(東京都)

f:id:annaka-haruna:20220330220726j:plain

マイコンベーシックマガジン 1989年3月号より)

 

「柏ガリバー」は柏駅前のテナントビル「ファミリ柏」の地下1階にあり、隣接したフロア内にゲーメスト集計店の「ハイテクセガ柏」が存在したためこの時より同一施設内に2店の掲載店が併存していたことになります。

しかもこのブログを記載している2022年4月時点で両店とも現役で残っているのも特筆すべき点です。

 

またもう一店の「ゲームセンターセントラル永福町店」ですが、最寄り駅は京王井の頭線の永福町ではなく隣の西永福。現在も営業が続いている「ゲームプラザセントラル」の系列店で、1986年10月で掲載終了した鷹の台店以来の登場となりました。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20220330215848j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330215855j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330215916j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330215930j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330215952j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330220007j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330220036j:plain

f:id:annaka-haruna:20220330220131j:plain

マイコンベーシックマガジン 1989年3月号より)

 

ゲーメストでは56店のトップを輩出した大魔界村ですが、ベーマガでは最新タイトルなのにトップスコア一覧に掲載されず欄外に追いやられていました。見城氏のコメントからはこのゲームには触れたくないという意識すら感じられます。

ちなみに70店以上の全2周クリアとあるので数えてみたところ☆が付いている店舗が77店、且つ2周クリアと備考欄に記載があるにも関わらず☆が付いていない店舗が2店あったため総数は79店となり、おそらくハイスコア誌上「最も安い全国トップ」だったことと思います。

 

トピック店舗は久々に関西へと舞台を移します。

ベーマガオリジナル26店から「プレイシティキャロット関大前店」をピックアップします。

f:id:annaka-haruna:20220330225824p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年1月号より)

f:id:annaka-haruna:20220330230357p:plain

f:id:annaka-haruna:20220320091146j:plain

f:id:annaka-haruna:20220320091013j:plain

f:id:annaka-haruna:20220320090733j:plain

f:id:annaka-haruna:20220320085840j:plain

2022年3月20日撮影

阪急千里線の関大前駅、その名の通り関西大学の最寄駅で、駅前から大学正門までの間に主に学生向けの店舗が連綿していますが、その沿道にナムコのキャロットがありました。駅を出て商店街を線路沿いに進むと「フタバボウル」というボウリング場があり、その隣の1階が大阪王将になっている建物の場所が該当します。

f:id:annaka-haruna:20220331234314p:plain

(吉田地図 吹田市南部1984年より)

当時の住宅地図では、ボウリング場であるパレフタバビルに隣接した場所に「ゲームセンタープレイシティ」の文字が見えます。地図上では「千里山東1-7-21」が所在となっておりベーマガ誌面住所の「千里山東1-7-20」と異なりますが、1-7-20が地図に存在しないためこの場所で間違いないと認識しています。

 

@Area51_zek氏のツイートに、過去のナムコ店舗ミニコミ誌「NG」誌に掲載された当時の店舗外観写真がアップされていたので以下引用させて頂きます。

 

当時の店舗外観と現在の建屋外観が全く異なっているため、現在の建屋は建て替えられたものであることが分かります。また住宅地図を見ると店舗正面の道路と線路の間に建屋が無いことから、以前は電車から店舗の姿がよく見えたのではないかと想像します。

 

お店は場所柄学生で振るわっていたようで、また当時のナムコのユーザーフレンドリーな店舗運営も手伝ってゲーマーには広く知られた存在だったと思います。ハイスコアも1984年1月の初回から掲載されましたが、この店はスコアラーよりもむしろ同人活動系ゲーマーの方が有名だったような気がします。

ベーマガへの掲載は1991年3月号まで継続しました。関西のキャロット系店舗は80年台で殆どが誌面から姿を消す中で長期に渡ってスコアが掲載されています。

ナムコの店舗情報誌「NOURS」2001年夏号(Vol.33)に関西のナムコ店舗ガイドがありますがその中には存在しないため、それ以前に店舗は閉店していたようです。