小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1989年6月号

マイコンベーシックマガジン1989年6月号(第8巻第6号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店は105となり先月比-7と大幅減となりましたが、新規掲載は1店あります。

 

・その他

がらん7(長野県)

f:id:annaka-haruna:20220417151730j:plain

マイコンベーシックマガジン 1989年6月号より)

 

長野県松本市のハイスコア掲載店と言えばプレイシティキャロット松本店が代表格ですが、ベーマガは1989年2月号で一度掲載がストップしていました。ゲーメストへの掲載は引き続き実施されていたので閉店ということではないのですが経緯は不明です。

代わりに松本市内のベーマガ掲載店として登場したのが今回から掲載された「がらん7」です。名前から察するに既に同じ長野県は駒ケ根市の「がらんがらん」、伊那市の「がらん3」の系列店と思われます。

マイコンベーシックマガジン 1989年6月号より)

今回初掲載だったからという訳ではないでしょうが店舗欄末尾に広告も掲載されていました。キャロットやウィルトーク(ウェルトークとの誤字はご愛敬)の場所までプロットしてあり対抗意識を感じます。また広告内に「ただ、ひまなだけです」という文言が入るのも今ではあまり考えられず、当時の業界のユルさが滲み出ています。

 

以下スコア欄となります。

f:id:annaka-haruna:20220417150442j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150451j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150500j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150508j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150516j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150525j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150533j:plain

f:id:annaka-haruna:20220417150540j:plain

マイコンベーシックマガジン 1989年6月号より)

 

先月大きく掲載店を減らした影響か今月を最後に掲載終了した店舗は「ハイテクセガ大牟田」の1店のみで、チャレハイ通信欄にもコメントがあります。

大牟田市はハイテクセガ以前に存在したゲーメスト掲載店も2ヵ月で姿を消しているのですが、集計店消滅後地域のスコアラーは福岡市や熊本市まで足を運んでいたのでしょうか…

 

続いてトピック店舗となります。

大阪ミナミ地区に存在したキャロットのうち3軒目の「プレイシティキャロットなんば店」を取り上げることにします。

f:id:annaka-haruna:20220417153726p:plain

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年12月号より)

f:id:annaka-haruna:20220417153840p:plain

2022年5月3日撮影

なんばCITYビッグキャロット」と店名は類似していますが、南海難波駅の高架下にあったビッグキャロットに対してこちらは難波交差点に近い単独店で、位置的には道頓堀店となんばCITYの中間になります。


当時の住宅地図では「ナンバチップスビル」内に店舗の所在を確認出来ており、該当する建物は現存しています。

f:id:annaka-haruna:20220417153927p:plain

f:id:annaka-haruna:20220417153936p:plain

(吉田地図 大阪市南区1986年より)

 

住宅地図ではビルは2つの街路に挟まれており、どちらの街路からも出入りが可能な構造に見えますが、現在のマップでは難波本通に面した部分のみに「なんばチップスビル」の表記があります。しかし4枚目の裏側写真を見ると2,3階に入居している麻雀店の看板があるため、特に建屋の構造が変わったということはなさそうです。難波本通側はテナント募集の張り紙しかありませんが裏側にはダイコクドラッグの看板が残っていることから、直近ではドラッグストアとして営業されていたようです。

 

誌面への掲載は1984年12月号からのスタートとなり、近隣のなんばCITY店や道頓堀店と比較して1年程度遅れての掲載開始となっていますが、店舗のオープンは1980年のようでなんばCITY店とほぼ同一、道頓堀店よりも前となっています。近隣の2店が共に掲載を行ったことから当初は敢えて追従する必要はないと考えられたのかもしれません。

そして掲載の終了も早く、1986年12月号を最後に定期的な掲載は途切れ、1987年8月号に単発で掲載されたのを最後に姿を消しています。こちらも道頓堀店同様にゲームファンからの知名度は近隣のなんばCITY店が高く、その陰に隠れてしまったような印象があります。

 

一方店舗の営業はスコア掲載終了後も継続しており、2001年発行のナムコ㏚誌「NOURS」の全国ナムコ店舗ガイドに写真が掲載されています。20年以上営業が続いた長命な店舗だったようです。

(NOURSバックナンバー No.33 2001年夏号「全国ナムコ店舗ガイド 大阪編」より) 

 

1980年オープンというのは上記資料が元となっています。(PLABO-AV'SはなんばCITY店の後継店です。)閉店時期は判明していません。