小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1989年8月号

マイコンベーシックマガジン1989年8月号(第8巻第8号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

掲載店総数は107で先月比+5と減少傾向がストップ。4軒の新規掲載店が登場しています。

 

セガ

ハイテクセガ長浜楽市(滋賀県

セガセンター京極(京都府

 

・その他

ファミリータウンメルヘンランド(愛知県)

ジャンボ&ジャイアント(大阪府

マイコンベーシックマガジン 1989年8月号より)

今回新規掲載された4店も西日本が中心です。

 

「ハイテクセガ長浜楽市」はゲーメストに引き続きベーマガでも掲載を開始。

ゲーメストは「ハイテクセガ長浜」となっていますが、入居している施設が「西友長浜楽市店」のため、どちらの名称で呼んでも差し支えないと思います。ベーマガでは正確な住所が記載されていました。

 

セガセンター京極」は京都の繁華街である新京極にあり、四条河原町交差点からも近く立地は抜群です。関西はナムコ系店舗の掲載店からの撤退が関東に比較して早く、その分80年台後半からセガ系の店舗が集計店として多数名乗り出ていた印象があります。

 

「ファミリータウンメルヘンランド」はカプコンの直営店だったようで、後に店舗名称がマジカル・カプコ→プラザカプコンと変遷した経緯があります。カプコン系のハイスコア集計店はここだけかもしれません。(調査中です。)

 

「ジャンボ&ジャイアント」は、1989年4月号から「ヤングプラザジャンボ」として掲載が開始されていましたが、近隣の「ゲームプラザジャイアント」と合同集計となっています。店舗欄記載住所がジャイアントの住所に変更となっているため、新規掲載開始の扱いとしました。

 

以下スコア欄となります。

マイコンベーシックマガジン 1989年8月号より)

ベーマガ1989年2月号の時のトピック店舗として取り上げた神奈川県の「大船キャロットハウス」は今号をもって通信欄へのコメントと共に掲載終了となっています。一時休業と記載されているのでナムコロケとして復活させる予定があったのでしょうか。

また同じくナムコロケでは熊本県の「プレイシティキャロットパーツボックス」も今号の掲載が確認している時点で最後となっています。1989年に入ってからは掲載が不定期気味になっていました。

 

続いてトピック店舗です。

大阪府内で誌面に登場した最後のキャロットである「プレイシティキャロット京橋店」をピックアップします。

 

マイコンベーシックマガジン 1985年9月号より)

2022年5月3日撮影

JR、京阪の京橋駅北口に「新京橋」というアーケード商店街があります。入って駅を背後にした左側に写真の「マンションKLM」という建物があり、その1階が店舗跡地となります。

 

(ゼンリンブルーマップ 大阪市都島区1990年より)

1990年の住宅地図ですが、マンションKLMの1階にキャロットがあることが確認されています。

こちらも「ゲームマシン」誌に営業当時の写真が掲載されていました。

 

(ゲームマシン 1985年9月1日号より)

当時の店舗外観写真は、丁度現在の3枚目写真の構図とほぼ一致しているのではないかと思われます。看板のキャラがミズパックマンなのが珍しいですね。

同誌によればオープンは1985年2月とのことで、当時の店内写真はオープン半年後程度の姿。ベーマガへのスコア掲載開始も1985年9月号が最初のため、スコア掲載が始まった頃の店内光景と見てほぼ間違いないでしょう。


当時の京橋界隈のロケーションマップも誌面に掲載されていたため、合わせて転載します。

(ゲームマシン 1985年9月1日号より)

 

国鉄京橋駅の表記に時代を感じます。また当時はJR東西線未開通のため、片町線学園都市線)は京橋の隣の片町が終点の時代でした。


そしてベーマガへのスコア掲載が開始されたものの、他の関西ナムコ直営店同様にこちらも掲載は長続きせず1987年7月号の掲載が最後となっています。

ただこちらも店舗の営業は継続しており、2001年の「全国ナムコ店舗ガイド 大阪編」には店舗写真が掲載されています。

(NOURSバックナンバー No.33 2001年夏号「全国ナムコ店舗ガイド 大阪編」より) 

これで大阪府内のナムコ系掲載店は全て取り上げたのですが、その誌面掲載期間を以下にまとめてみました。

 

なんばCITYビッグキャロット:1984/1~1988/5(4年5か月)

プレイシティキャロット道頓堀店:1984/1~1987/3(3年3か月)

プレイシティキャロット関大前店:1984/1~1991/3(7年3か月)

プレイシティキャロットガムガム:1984/1~1986/12(3年)

プレイシティキャロット第4ビル店:1984/3~1986/11(2年8か月)

(追ってゲーメスト2部集計店の履歴あり)

ビッグキャロットすみのえ:1984/3~1984/5(3か月)

プレイシティキャロットなんば店:1984/12~1987/8(2年9か月)

プレイシティキャロット京橋店:1985/9~1987/7(1年10か月)

 

90年台まで掲載が続いたのは関大前店のみで、比較的長期掲載されたのもなんばCITY店程度、あとはどこも2~3年程度で姿を消しています。関東に比較して関西のナムコ系店舗信仰が低いのもこの掲載期間の短さが起因していたように思います。