小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

ハイスコア集計店マッピングプロジェクト マイコンベーシックマガジン1989年10月号

マイコンベーシックマガジン1989年10月号(第8巻第10号)のハイスコア集計店マップとなります。

 

総店舗数は109となり先月比+4。5店の新規掲載を確認しています。

 

タイトー

ビデオイン深江(兵庫県

 

・その他

西銀座ゲームプラザ(山梨県

 

プレイシティマンモス(三重県

 

ゲームハウスキャンディ(大阪府

 

サブカルチュア(福岡県)

マイコンベーシックマガジン 1989年10月号より)

 

今号から掲載開始された5店も、山梨県の「西銀座ゲームプラザ」以外は西日本に寄っています。

減少傾向とは言えナムコ系店舗は依然今号では関東1都6県だけで17店を数え、北海道東北まで加えると24店と多くを占めていたことから掲載店の入れ替えが乏しかった東日本と比べると、特に関西のナムコ系は既に今号で2店(関大前、京都)まで減少しており、その分他社店舗による新陳代謝が起きていたと言えそうです。

 

そして福岡県でモンキーハウス本館と双璧を為していた筑紫野市の「サブカルチュア」は今号から登場。ゲーメストへの掲載は1990年10月号からのため1年早く掲載が開始されていました。

また「ゲームハウスキャンディ」はSNKの直営店。「キャンディ筐体」と言えばSNKの汎用筐体名称のため言われてみれば、という感じです。1989年4月から掲載が開始されている尼崎市の「ゲームインウエスタン」もSNKの直営店という情報を頂いており、関西に2店舗が並行して掲載店として名乗りを上げます。

 

以下スコア欄となります。

マイコンベーシックマガジン 1989年10月号より)

 

タイトーの「ナイトストライカー」ですが、コース別集計を行っていたゲーメストに対してベーマガは出回りが悪いという理由で初回からのコース別集計は見送られました。個人申請という手段を有していたゲーメストに対してベーマガは掲載店のみの勝負になるため、流通度の低いゲームは充分な申請が集まらなかったという事情はありそうです。一方ナムコの「ダートフォックス」は1P~4Pまでタイム集計されており、ナムコ系掲載店舗が多く申請数が多かったことが集計に有利に作用する結果となっています。(ダートフォックスがそこまで優遇される程のゲームだったのか?と言われると正直疑問ではあります。)

 

続いてトピック店舗へ移ります。

大阪随一の繁華街、心斎橋筋に存在した「ゲームセンターニュー光」を取り上げます。

 

(スーパーソフトマガジン⦅マイコンベーシックマガジン別冊⦆1984年9月号より)

2022年5月3日撮影

大阪メトロの心斎橋駅付近から、グリコ看板で有名な道頓堀の戎橋へ続く関西有数の商店街「心斎橋筋商店街」途中にありました。戎橋からは徒歩5分も掛からず、店舗前は常に人通りが絶えない好立地となっています。

現在の地図上にはまだゲームセンターニュー光の名称が残っていますが、ゲームセンターとしては2014年で既に閉店しており跡地はブランドショップになっています。2010年前後の営業中の店舗写真がアップされていました。

2dera.net



スコアの誌面掲載はベーマガ1984年8月号からスタート。1988年2月号で一旦店舗欄が無くなりますが、1989年4月号から復活し1991年9月まで掲載が継続しました。スコアラーをあまり集客しなくともよさそうな大阪都心部に立地する店舗の中では、最も長期に渡って掲載を続けていた場所となっています。

また、再掲載の際に店名が「セガニュー光ゲームセンター」へと変わっている履歴があるため、セガ系店舗として分類をしています。

マイコンベーシックマガジン 1989年4月号より)

 

再掲載の際の住所がこれまでの「大阪市南区心斎橋筋2-23」から「大阪市中央区心斎橋筋2-7-4」へと変更になっていますが、大阪市南区が1989年に東区と合併して中央区となった経緯があるため、その影響による変更と捉えており店舗の場所は変わっていないと判断しています。

(吉田地図 大阪市南区1986年より)

1986年当時の南区の地図ですが、心斎橋筋2-34に「ゲームセンターひかり」の文字があります。ベーマガの当初の地番「心斎橋筋2-23」は追って「2-33」と変わっており表記ゆれである公算が高く、また当時の住宅地図と現在の地図の場所も相違はありません。

 

なお、セガは営業中のどこかで大阪駅前のロイヤル同様に店舗の運営から撤退しており、閉店時は無関係だったようです。

丁度こちらのほぼ真向かいである「中央区心斎橋筋2-2-19」にはかつてセガ直営店である「心斎橋GIGO」が2016年まで存在していました。閉店時点で営業期間22年とのことなので1994年のオープンということになり、その前後でセガはニュー光から撤退したと考えるのが自然と思われます。