小人閑居して不善を為す chapter3

一介のプレイヤーからハイスコアラー、そしてゲームセンターの中の人を経てアーケードゲームと関わること40年以上、その普通とはかなり異なるゲーマー人生を回顧するべく記事を綴っております。

私のアーケードゲーム履歴書

私のアーケードゲーム履歴書 サイバトラー 特別編

ハムスターがリリースをしているPS4、Switch向け「アーケードアーカイブス」シリーズに「サイバトラー」が2月18日に配信開始されました。 www.hamster.co.jp www.hamster.co.jp 僭越ながら今回のサイバトラーではテストプレイヤーとしてお声掛け頂いたため、…

私のアーケードゲーム履歴書 エレベーターアクションリターンズ

タイトー 1994年発売 1983年に発売された初代エレベーターアクションのリメイクタイトル。 初代は1983年当時ではかなりヒットしたタイトルでしたが、一回りに近い年月が経過していたこともあり、続編ではなくリメイクとしてリリースされました。タイトーはア…

私のアーケードゲーム履歴書 ハイパーデュエル

ちょうどこのエントリーを書いている時、世間はコロナ禍の真っ最中でハイスコア集計店の跡地を巡ることがままならない状況となってしまいました。 現地調査無くともエントリー可能な題材は無いかと探したところ、昔スコアを狙っていたのに届かなかったゲーム…

私のアーケードゲーム履歴書 コットン 番外編 その2

私は行ってないのですが、5月19日実施されたイベント「ゲームレジェンド」で、コットンの最新作がリリースされるという発表があったようです。 https://www.beep-shop.com/sap/cotton/ この情報を元に私の所へも「やらないのか?」という叱咤という名の冷や…

私のアーケードゲーム履歴書 コットン 特別編

このブログでも最初に取り上げ、私のスコアラーとしての代名詞となっているコットンですが、多少のリハビリの結果ある程度まともなプレイ動画を撮影出来ましたので、YOUTUBEへアップしました。 youtu.be 撮影場所:蕨 デイトナⅢ 1周クリア ノーミス シークレ…

私のアーケードゲーム履歴書 フリップメイズ

MOSS/タイトー 1999年発売 タイトーのシステム基板「G-NET」と言って思い付くタイトルは、レイクライシス、サイヴァリアシリーズとか初代式神の城といったシューティング系になるのでしょうか。 一方で、スーパーパズルボブルやお手並み拝見といったパズル系…

私のアーケードゲーム履歴書 ティンクルスタースプライツ その3

(その2より) 肝心のスコアアタックの結果ですが、二回目集計で私331万に対し、339万で負けたんです。まあ負けるのは良くあることなのですが、よりによって、 「ハイテクノーベル神保町に負けた」 という笑うに笑えない状況。 (ゲーメスト 1997年4月30日…

私のアーケードゲーム履歴書 ティンクルスタースプライツ その2

(その1より) スコアアタックについて必要な要素については、以下に大別されます。 ①パーフェクトボーナス 通常時はひたすらにパーフェクトボーナスを重ねます。 フィールドに現れる雑魚敵は、必ず編隊を組んで登場します。 編隊中の雑魚どれか一匹のみを…

私のアーケードゲーム履歴書 ティンクルスタースプライツ その1

ADK/SNK 1996年発売 名古屋に赴任した後は、学生時代の古巣であるイエローハットで旧知の店員氏と呑みながら細々とゲームをやってましたが、近隣で今でも「ゲームボックスQ3」として現存する「トンガ王国」という店舗があり、昔から「イエローに入荷しない…

私のアーケードゲーム履歴書 ナムコクラシックコレクションVol.2

ナムコ 1996年発売 1995、96年に掛けて発売されたナムコ旧作のリメイクシリーズ。 Vol.1がギャラガ、ゼビウス、マッピーに対して、Vol.2はラリーX、ディグダグ、パックマンというラインアップ。私がプレイしたのはディグダグアレンジのみです。 Vol.1の特に…

私のアーケードゲーム履歴書 閑話休題

最近は、スコアラー退役後の嗜みで埼玉県南部の某店に結構顔出しさせて頂いております。 そこに集うスコアラーの皆様、まだまだお上手で非常に関心。 若い方も結構いらっしゃるようで、頼もしい限りです。 自分も昔プレイしたタイトルを中心にぽつぽつ遊ぶの…

私のアーケードゲーム履歴書 バブルシンフォニー

タイトー 1994年発売 タイトーが一世を風靡した「バブルボブル」の正統派続編。 「レインボーアイランド」がバブルボブル2というのが正しいのかもしれませんが、ゲーム内容が全く別物であることを考えると、こちらの方が純粋な続編のように思えます。 ゲー…

私のアーケードゲーム履歴書 エクスバニア

ナムコ 1992年発売 スト2が市場を席捲してからのナムコは、特に基板ビデオゲームは惨憺たる状況で、ブランドを随分と毀損してしまった結果、90年代前半は基板タイトル暗黒期。その象徴のような作品です。 内容は完全にボンバーマン。こんな企画が通って製品…

私のアーケードゲーム履歴書 サボテンボンバーズ その3

(その2より) 以下、いくつか安全地帯の例をご紹介します。 15面:つうぴとの対戦面で、中央の固い壁に囲まれた中にジャンプでわんぴ、つうぴ共に誘導します。囲いの中でしゃがんでいればタイムアップ後の爆弾は当たりません。 9面も面配置は同じなので同…

私のアーケードゲーム履歴書 サボテンボンバーズ その2

(その1より)ふなっしーのご先祖様のようなマイキャラと、ヌメヌメと怪しい動きをする敵キャラで、画面からはコミカルな雰囲気を漂わす本作ですが、そこはNMKが造ったゲーム。高い難易度と点数稼ぎ要素が満載でした。 スコア的には、アイテムの「ちびもも…

私のアーケードゲーム履歴書 サボテンボンバーズ その1

テクモ/NMK 1992年 今回からは、「ハイスコアを狙っていたけど取れなかった」ゲームに移ります。 「プレイはしていたけどお話にならないレベルだった」タイトルは対象にはなりませんw NMKはこの頃、テクモを販社としてゲームをリリースしていましたが、テ…

私のアーケードゲーム履歴書 ソルダム

ジャレコ 1992年発売 テトリスからブームが始まり、各メーカーからいくつか発売された落ちものパズルゲームの中で、最も難解ではないかと言われたゲームです。ルールが分からないと何も出来ずに速攻で終わります。 ゲームモードはソルダム(エンドレス)、セ…

私のアーケードゲーム履歴書 エスケープキッズ

コナミ 1991年発売 私が初めて全国トップを取れたゲームです。 とは言っても、ゲーメストは確か「全国〇店の皆様」表記で、個別にスコアネームが記載されることはありませんでした。 ハイスコア:100面+α このゲームにはスコアは無く、クリア面数で集計…

私のアーケードゲーム履歴書 サイバトラー その3

(その2より) 4面でスペシャルボーナスを獲得すると5面以降に使用可能になるバリアですが、自機を回転させながらソードボタンを押すことで効果を発揮します。一定時間効果が持続し、敵や弾に当たることで即効果が消失することはありません。 道中で躊躇な…

私のアーケードゲーム履歴書 サイバトラー その2

(その1より) また長期にわたるサボり癖が… サイバトラーの隠しフューチャーをネタにするつもりが、肝心のネタを思い出せずに記事に出来ないでおりました… ようやくネタが出揃いましたので、恥を忍んで再開致します。 このゲーム、有利にクリアを目指すた…

私のアーケードゲーム履歴書 サイバトラー その1

ジャレコ 1993年発売 ゲーメストの履歴を確認したところ、全国トップのスコア確認が取れたので、サイバトラーを取り上げます。 ハイスコア:2,524,750 (全6面クリア、連射付き) 最終スコアは塗り替えられています。 ベーマガの履歴では1度もトップを取った…

私のアーケードゲーム履歴書 ゴルフィンググレイツ2 その2

(その1より) ・スコア争いのその後 -38で全国トップを取ったものの、結局トップは初回のみで、そこからは自分ももう一人のスコアラーもスコアは伸ばせぬままでした。 このゲームは、9ホールハーフ毎にコースを4つから選択するようなシステムになっており…

私のアーケードゲーム履歴書 ゴルフィンググレイツ2 その1

今回はサイバトラーの予定だったのですが、予定を変更してこちらを先に取り上げます。 記事にしているゲームタイトルは、自分が単独全国トップを取った時系列なのですが、サイバトラーの申請スコアが確認出来ず、昔のゲーメストを確認して本当にトップを取っ…

私のアーケードゲーム履歴書 デッドコネクション その2

(その1より) ・アイテムについて アイテムは武器、回復、点数アイテムに大別されます。敵を倒す、設置物を壊すと出現するものと、何もない場所でショットボタンを押すとキャラが地面を蹴ることで出現する隠しアイテムがあります。 隠しアイテムは画面では…

私のアーケードゲーム履歴書 デッドコネクション その1

タイトー 1992年発売 固定画面面クリアタイプのゲームですが、画面内の敵を銃で撃つというゲーム性のためアクションというよりはシューティングに属するんでしょうか。 振り返れば、タイトー直営店でスコアラーをやっていて唯一、タイトーのゲームの全国トッ…

私のアーケードゲーム履歴書 ファンキージェット

データイースト/ミッチェル 1992年発売 当時データイースト社は、「タンブルポップ(1991)」→「ダイエットGOGO(1992)」という流れで固定画面面クリアタイプのアクションゲームを度々リリースしており、このゲームもてっきりデータイースト開発、販売と思…

私のアーケードゲーム履歴書 セルフィーナ その2

(その1より) 箱を投げた際に、連続して敵を吸収すると倍率が掛かって高得点となるため、一度のスローで多数の敵を捕らえられる状況を作るのが、このゲームの点数稼ぎとなります。 そのためには、上の画像のようにマップ上で出来るだけ長い直線箇所に敵を…

私のアーケードゲーム履歴書 セルフィーナ その1

イーストテクノロジー 1991年発売 ギガンデスで、極一部のプレイヤーに強烈なインパクトを残したメーカー、イーストテクノロジーが、自社ブランド製品として再び世に送り出してきた固定画面・面クリアタイプのゲームです。 コットンからハイテクノーベル神保…

私のアーケードゲーム履歴書 コットン その3

バイト先の最寄り駅がお茶の水だったため、近隣でプレイできる場所として最初に選んだ店舗はジョイランドタローでした。 (ゲーメスト 1991年2月号より) コットンの設置があり、また当時から後にホームとなるハイテクノーベル神保町と合同スコア集計を行っ…

私のアーケードゲーム履歴書 コットン その2

ショットボタン長押し ショット+ボム同時長押しでバリアを張る (その1より) 敵を倒すと出現するクリスタルは、ショットを当てると変色し、赤もしくは青で取るとマジックが加算されます。(最大6個) インストカードには、上の画像である「ショット長押し…